大宇造船海洋【企業基本情報】

基本情報

企業名大宇造船海洋株式会社
業種造船
設立2000年10月23日
売上高11兆1,018億1,803万KRW(2017.12 IFRS連結)
従業員9,933人(2018.9)
平均年俸5000万KRW以上〜7,000万KRW未満(2018.10)
URL公式サイト(英語)
wikipedia(日本語)wikipedia

事業概要

同社は総合造船·海洋専門会社としてLNG船、石油タンカー、コンテナ船、LPG船、自動車運搬船など各種船舶とFPSO、RIG船、固定式プラットホームなど海洋製品と潜水艦、駆逐艦、潜水艦救難艦、警備艦など特殊船を建造

事業部門は船舶、海洋事業、建設事業、その他事業(エネルギー、食品事業、風力事業、サービス事業、海上貨物運送事業など)で構成

船舶·海洋産業は莫大な施設資金の初期投資が伴う基幹産業として資本集約的であり、船舶及び海洋製品の建造は全ての工程において人間の繊細な感覚と技術を必要とし、労働集約的特性も持つ

韓国の艦艇産業は、兵器体系の特殊性と限られた市場需要に比べ、参加基準が緩和され供給者間の競争が激化傾向にあり、研究開発投資、国産化努力などが事業受注のための重大な要素として作用

売上構成は船舶74.78%、海洋特殊船25.48%、その他1.08%、連結調整-1.34%で構成

財務状況

年間

単位:億ウォン2015/12 2016/12 2017/12 2018/12 2019/12(E) 
売上高154,436128,192111,01896,44478,447
営業利益-29,372-15,3087,33010,2483,570
当期純利益-22,092-27,8956,4583,2012,938
営業利益率(%)-19.02-11.946.610.634.55
純利益率(%)-14.31-21.765.823.323.75
ROE(%)-132.52-279.5728.129.537.71
負債比率(%)2950.772184.71282.75210.36
当座比率(%)54.4754.0195.4730.22
資本留保率(%)-62.48-216.63-6.98122.94

四半期

単位:億ウォン2017/09 2017/12 2018/03 2018/06 2018/09 2018/122019/03(E) 
売上高24,20624,93122,56123,25721,97320,72119,447
営業利益1,959-3,5102,9862,2941,7701,996939
当期純利益749-9,1742,2632,062-3,2391,952607
営業利益率(%)8.09-14.0813.249.868.059.634.83
純利益率(%)3.09-36.810.038.87-14.749.423.12
ROE(%)11.528.1224.84-9.38-19.58.18
負債比率(%)223.75282.75234.07221.36215.94194.16
当座比率(%)97.7195.4795.6397.75104.1461.39
資本留保率(%)214.17-6.98100.64145.3588.11158.84

関連ニュース

韓国造船海洋、日本で企業結合審査事前手続開始韓国造船業、相変わらず人員削減が続く造船業の受注難は相変わらずなのに…労組”連帯スト”を予告造船ビッグ3上半期「不振」…下半期LNGで回復か韓国造船ビック3LNG船受注独占

コメントを残す