斗山重工業【企業基本情報】

基本情報

企業名斗山重工業株式会社
業種機械
設立1962年9月20日
売上高14兆5,235億5,447万KRW(2017.12 IFRS連結)
従業員7,284人(2018.9)
平均年俸7,000万KRW〜1億KRW(2018.10)
URL公式サイト(英語)
wikipedia(日本語)wikipedia

事業概要

産業の基礎素材である鋳鍛造から原子力・火力などの発電設備、海水淡水化プラント、環境設備、運搬設備などを製作し、建設重装備・エンジンなどを生産する企業。

同社は単一機器の供給よりは全体プラントのEPC(=設計・調達・建設)供給を事業領域としており、最短2〜3年かかるプラント建設期間中に原資材の安定的な調達ができるかどうかが収益性に大きな影響を及ぼす。

昌原工場とともにベトナムに斗山重工業ベトナムを設立し製作価格競争力を確保するなど、市場が要求する競争力を確保。

売上高は、斗山インフラコア54.03%、発電25.72%、斗山建設9.28%、Water3.34%、建設2.87%、斗山エンジン2.63%、鋳鍛造1.5%、産業0.36%、斗山キューベックス0.27%で構成。

財務状況

年間

単位:億ウォン2015/12 2016/12 2017/12 2018/122019/12(E)
売上高144,705139,523145,236147,611155,313
営業利益6217,9129,25710,01710,507
当期純利益-17,509-2,155-1,097-4,2171,243
営業利益率(%)0.435.676.376.796.77
純利益率(%)-12.1-1.54-0.76-2.860.80
ROE(%)-25.21-4.84-8.51-16.92-0.22
負債比率(%)287.98263.96280.18299.05
当座比率(%)67.5162.0163.7868.28
資本留保率(%)431.8394.99352.86235.29

四半期

単位:億ウォン2017/09 2017/12 2018/03 2018/06 2018/09 2018/122019/032019/06(E)
売上高34,82637,54435,73738,33433,87539,66538,28740,905
営業利益1,9601,8313,0533,6152,1171,2323,2233,730
当期純利益-100-1,110231523459-5,4315281,640
営業利益率(%)5.634.888.549.436.253.108.429.12
純利益率(%)-0.29-2.960.651.361.36-13.691.384.01
ROE(%)-12.77-8.51-10.71-9.15-7.78-16.92-16.41
負債比率(%)268.52280.18296.33287.55270.43299.05315.35
当座比率(%)74.9363.7864.0968.9974.5668.2867.64
資本留保率(%)369.8352.86330.84305.51300.03235.29222.41

関連ニュース

【業績速報】斗山重工業、2Q営業利益前年同期比6.3%増加アメリカ初の小型モジュール原発の心臓部を斗山重工業が造る斗山重工業労組、産業通商資源部へ抗議訪問と政府糾弾集会開催【業績速報】斗山重工業、脱原発ダメージも子会社好調で利益倍増斗山建設、当期純損失550億円 親会社斗山重工業が支援に乗り出す

コメントを残す