2018年11月末現在 韓国メーカー自動車販売台数

現代自動車ロゴ

2018年11月までの韓国自動車メーカー年間累計販売台数

韓国の自動車メーカーが2018年1月から2018年11月までに販売した自動車の累計販売台数(データはすべて韓国のニュースサイトからの数字をPick Up)

【注意】
国内販売:韓国国内で販売された自動車販売台数
海外販売:韓国国内or海外の自社工場で製造され、海外で販売された自動車販売台数
本記事で国内販売・海外販売とある場合、意味は上記と同じ

メーカー国内販売海外販売合計
現代自動車656,2433,498,1104,154,353
起亜自動車489,5002,077,9252,567,425
双竜自動車98,65362,387161,040
ルノーサムスン86,427230,277316,704
韓国GM75,857204,819280,676
合計1,406,6806,073,5187,480,198

2018年の韓国国内販売シェア

国内メーカー5社のシェア(単位は%)

海外からの輸入車も含めたシェアを100%とすると12%〜15%が輸入車で、85%〜88%が韓国メーカーとなります。

韓国自動車メーカー各社販売台数推移

注意:2019年1月2日に各社2018年年間販売台数を発表したため、2018年の数字は年間の販売台数に情報更新しています。

現代自動車

2018年は2017年とあまり変わらない販売台数が着地点になると思われます。韓国国内販売台数は相変わらず多いのですが、近年海外での販売減少が目立ちます。(国別の販売台数を見たことがないのですが、ニュースを読む限りでは、THIRD配備問題の影響で中国での販売台数が激減したことが要因ではないかと思われます)

【注意】
販売台数の単位は「万台」
2018年は11月までの累計販売台数

起亜自動車

現代自動車のグループで、現代自動車と起亜自動車の販売台数合計・生産台数合計をグループ目標に掲げた記事をよく見かけます。販売台数の推移を見ると現代自動車と同じような増減傾向が見られます。(現代自動車と起亜自動車で、韓国国内のシェア80%を超えてしまいます)

【注意】
販売台数の単位は「万台」
2018年は11月までの累計販売台数

双竜自動車

インドの自動車メーカー「マヒンドラ」が株式の70%を保有する会社。2009年の経営危機からは脱した感がある。

【注意】
2018年は11月までの累計販売台数

ルノーサムスン

近年順調に国内・海外ともに販売台数を増やしているが、ルノーの問題で、韓国で製造している「日産車」がどうなるかによって2019年以降の販売台数に影響も。

【注意】
2018年は11月までの累計販売台数

韓国GM

韓国政府からの資金援助を受けているのですが、GMが韓国からの撤退や法人を「生産」と「研究開発」に分離などいろいろ報道が絶えないからか、ここ数年で一気に販売台数が減少しており、規模の縮小は避けられない?

【注意】
2018年は11月までの累計販売台数

韓国GM問題参考リンク

参考 韓国GM労働組合、設立16年目に初の「不法」ストライキYahooニュース(中央日報) 参考 GM 「韓国で最低10年」の約束厳守をハンギョレ 参考 韓国GM撤退問題、約7800億円の支援も懸念払拭されず=「これがまともな国がすることか?」「出ていく企業は止められない」―韓国ネットRecord China

 

コメントを残す