韓国半導体業界回復はまだ先。半導体製造装置前年同期比20%減

2Q全世界半導体製造装置の売上高133億ドル…前年同期比20%↓

国際半導体製造装置材料協会(SEMI)発表…前期比3%減

今年第2四半期、世界の半導体製造装置の売上高が133億ドルで、前年同期比20%減少したことが分かった。

11日、国際半導体製造装置材料協会(SEMI)によると、2019年第2四半期の世界半導体製造装置の売上高は133億ドルで、前年同期の昨年第2四半期(167億ドル)に比べ20%下落しており、前四半期(138億ドル)に比べ3%減少した。

地域別にみると、前年同期比基準、台湾(47%)と北米(15%)を除いて減少した。前年同期の最も大きな割合を占めていた韓国が47%減少した中で、中国(-11%)、日本(-39%)・欧州(-52%)なども減少傾向を避けることはなかった。

前四半期と比較すると、中国が43%増加し、33億6000万ドルで1位になった中で、台湾(32億1000万ドル)と韓国(25億8000万ドル)などは、それぞれ16%と11%減少し、2・3位に落ちた。北米(2%)が似たようなレベルを示した中で、日本(-11%)とヨーロッパ(-32%)も減少した。

SEMIは「日本半導体製造装置協会(SEAJ)と共同で、世界95以上の機器メーカーから、月単位でまとめたデータに基づいて出荷額を調査した」と述べた。

全世界の半導体製造装置出荷額が含まれている半導体装置の市場展望(EMDS)は、グローバル半導体装置市場情報を総合して提供する資料だ。毎月の半導体装置市場のトレンドを反映した報告書は、7つの地域と22の市場の半導体装置の出荷額関連の世界半導体製造装置市場統計(WWSEMS)報告書は、SEMIの半導体製造装置市場の見通しレポートなどで構成されている。

単位:10億ドル 2Q2019 1Q2019 2Q2018 2Q19/1Q19 2Q19/2Q18
中国 3.36 2.36 3.79 43% -11%
台湾 3.21 3.81 2.19 -16% 47%
韓国 2.58 2.89 4.86 -11% -47%
北米 1.70 1.67 1.47 2% 16%
日本 1.38 1.55 2.28 -11% -39%
EU 0.57 0.84 1.18 -32% -52%
その他地域 0.51 0.67 0.96 -24% -47%
Total 13.31 13.79 16.74 -3% -20%

※出典:SEMIwww.semi.org/ SEA)、20199

dailian
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=119&aid=0002351723


半導体の売上ではなく、半導体製造設備の売上レポートの記事ですが、半導体産業は、

半導体製造設備売上増加→半導体自体の売上増加

というはっきりした流れがあり、少なくとも2019年2Qまでは半導体設備の売上がよくなかったため、3Qの韓国の半導体の輸出成績も芳しくないという結果に…

となると3Qの半導体設備の売上は?となりますが、日本やアメリカから韓国への輸入が増加していないはず(増加していれば関税庁が大々的に報じているはず!)なので、残念ながら4Qも韓国の半導体輸出は期待できないのではないかというのが個人的な意見です。

 

今日、衝撃的な雇用実績が報じられて経済大統領の地位も手に入れるかもしれない文在寅大統領…
実は、前年同月が悪かっただけなのですがw
他のことで忙しく統計庁のレポートに目を通していないので…ご紹介できません…


クリックお願いします。

コメントを残す