LGディスプレイ「国産フッ化水素」だけ使う…大企業初の脱日本

LGディスプレイ「国産フッ化水素」だけ使う…大企業初の脱日本

今月中に完全独立…日本報復から3ヶ月、国産化に成功後1ヶ月で成果、他の素材・部品も弾み

京畿道坡州LGディスプレイ工場で研究者たちが、ナノセルTVに搭載される偏光板を持っている/写真提供= LGディスプレイ

LGディスプレイが、今月中に日本産の高純度フッ化水素依存から完全独立する。日本の経済報復から3ヶ月で、国内大企業初の素材独立事例だ。これをきっかけに、半導体などの他の素材・部品分野でも脱日本に速度がつく見通しだ。

8日、関連業界によると、LGディスプレイは今月中にOLED(有機発光ダイオード)パネルの生産ラインで、日本産高純度フッ化水素を国産品に完全代替する方針を決め作業に突入した。

日本産高純度フッ化水素輸入するかどうかはまだ不確実なうえ、すでに先月末国産品を量産に適用しただけの完全代替時期を先送りする必要がないという判断によるものだ。カン・インビョンLGディスプレイCTO(最高技術責任者・副社長)が7月初め、日本の1次経済報復直後「高純度フッ化水素代替テストに着手した」と明らかにしてからちょうど3ヶ月ぶりだ。

現在、LGディスプレイは国産と日本産の高純度フッ化水素を混用して使用している。国内のある素材メーカーは最近、LGディスプレイに「フッ化水素供給には問題がない」という意見を伝えたという。

日本産高純度フッ化水素脱皮は、大企業の中で、LGディスプレイが初めてだ。それだけに、サムスンディスプレイ、サムスン電子などの他の企業にも少なからぬ影響を与える見通しだ。

サムスンディスプレイは、日本産の高純度フッ化水素在庫がある程度残っているが、今月中に国産化テストを終了する方針だ。現在までに収量やコスト削減の面で決定的な欠陥が出ていないことを考えると、最終的なテスト直後すぐに量産に投入する可能性が高い。

サムスン電子も、いくつかの半導体プロセスで日本産高純度フッ化水素を国産品に置き換えた。サムスン電子は現在、約3ヶ月分の日本産の在庫を確保したと伝えられた。

ある業界関係者は、「韓国経済の輸出の軸であるディスプレイ業界が脱日本に成功したということに意味がある」とし「短期間に代替が困難な他の項目の継続的な投資と忍耐が必要だ」と述べた。

Money Today
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=008&aid=0004275187&date=20190908&type=1&rankingSeq=10&rankingSectionId=101


土曜日に報じられたニュースで日本でもかなり配信されていたものを今更記事として紹介。

LGディスプレイに限らず、どの企業に関係する記事を読んでもフッ化水素は輸入したものを韓国で混合したり、何か調整をして利用しているという説明があるので、一番取って代わられる可能性が高いのかな?という印象を持っていました。他の素材についてあまり触れないのはたぶんほとんど進捗がないからのような気もします。

日本が輸出しているフッ化水素・フッ素ポリイミド・フォトレジストの輸出相手国の内訳資料が記事で使われていたので、改めて見直してみると。

フッ化水素(エッジングガス)の対韓輸出割合が85.9%もありますから、ディスプレイに使われるものがどの程度かにもよりますが、LGディスプレイ・サムスンディスプレイの2社が購入しないとそれなりの痛手になることは間違い無いでしょう。ただ、フッ化水素を使うという業界としてそれほど強調されてこなかったLGディスプレイなどディスプレイ業界は、フッ化水素使用量全体の極一部という可能性の方が高い気がしてなりません。

 

また、この記事を読むとこの資料でディスプレイを使用用途にしているフッ素ポリイミドについて、一切言及していないのがちょっと気になるところ…
参考 「日本に依存するIT素材産業、この機に競争力を高めよう」ハンギョレ こちらの記事で2017年と2019年のフッ素ポリイミドの日本依存割合を表にしていたのですが、

  • 2017年:46.2%
  • 2019年:93.7%

と大きく割合を増やしているのです。もともと国産使用割合を増やしてきている韓国企業にあって、反対に日本からの輸出が多くなるというのは、何かしらの理由があるからではないか?安い・質が良い・新製品で使用など私程度でも思いつきそうなところですが、こちらも日本製からの脱出ができるのであれば、LGディスプレイはほぼ脱日本を達成できそうですね笑

 

国内世論が大きく割れています…


クリックお願いします

コメントを残す