SKイノベーション、LG相手にきつい対抗訴訟提起。対立は泥沼へ

「GMバッテリー納品停止する必要がある」SKイノベーション、LG相手にきつい訴訟提起

  • 「特許侵害製品の納品で利益」
  • ITC・連邦裁判所に訴状提出
  • LG-SKバッテリー訴訟戦激化
  • 法曹界「リコールまで難しい」

SKイノベーションがLG化学、LG電子を相手に特許侵害訴訟を提起した。

SKイノベーションは先月末、LG化学の訴訟を予告した後、3日、アメリカ国際貿易委員会(ITC)と連邦裁判所に訴状を出した。6日毎日経済が確保した文書によると、SKイノベーションは訴状で「LG化学が自社の特許を侵害したままGM電気自動車ボルトのバッテリーを納品して不当な利益を得た」とし、これらについて差止め救済措置(injunctive relief)と損害賠償などを求めた。この要求が法廷で受け入れられれば、LG化学は、GMの電気自動車のバッテリー納品を中止し、販売した車のバッテリーを回収する必要があります。

LG化学が4月ITCに営業秘密の侵害訴訟を提起し、SKイノベーションがフォルクスワーゲン電気自動車納品への問題を提起したことに対して、SKイノベーションがLG化学、LG電子のGMへの納品について問題を提起して対抗したものである。提出された訴状によると、SKイノベーションが提起した特許侵害訴訟の項目は、バッテリセル、モジュール、関連部品、製造工程などである。

SKイノベーションはパウチ方式バッテリーの安定的な構造のために粘着パッドをセルとセルの間に入れる方式を開発し、これに対して2012年(韓国)と2017年(米国)、それぞれ「二次電池モジュール」の特許を取得した。しかし、LG側がこの事実を知っていながらもLG化学がバッテリーセルを製造・販売してLG電子がバッテリーモジュールとパックなどを生産・販売している過程で、SKイノベーションの特許を故意に侵害したというのがSKイノベーション側の主張だ。

SKイノベーションは、これを証明するために、米国ミシガン州のGMシボレーディーラーで現在販売されている電気自動車のボルトを直接購入し、分解した。車の下部にあるバッテリーセル、モジュールから再びセル単位に分解した後、LGが供給したバッテリーセル(VISTA 2.0)の接合方式がどのようにSKイノベーションの特許を侵害しているかを写真で詳細に添付して、証拠物として提出した。アメリカ法の「差止め救済措置」は、韓国で特許権者が請求する「仮処分」のよう制度で、今後の製品の生産販売などを中止し、場合によっては、すでに販売された製品の回収も可能である。

しかし、実際の最近のアメリカの法廷でさえ、特許権者が「差止め救済措置」を利用して特許料を高める場合はあっても、製品が回収される場合は、珍しいというのが法曹界の話だ。乱用されると、善良な消費者が被害を受けるからである。

毎日経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=009&aid=0004423794


LG化学側がSKイノベーションに対して、社員引き抜きと技術流出を訴えて始まった問題ですが、今度は、SKイノベーション側がLG化学とLG電子に対抗措置を取ったというのが今回のニュース。お互いに潰しあいをしていて、韓国人と対立する場合、どうやったら良いかなど示唆に富む事例のような気がします…LG化学側の動きを中心とした今回の対立のこれまでの流れをこちらの資料でご確認いただけます。

当サイトでもLG化学側が訴訟を提起した段階から記事をご紹介していましたこの問題ですが、溝がありすぎて和解に持ち込むのは難しい印象を受けます。まるで日韓関係のよう。。。

こちら過去の記事
LG化学とSKイノ、アメリカで訴訟戦 LG化学-SKイノ間バッテリーの特許訴訟。アメリカで本格開始 SKイノベーション、LG化学に訴訟提起…バッテリー紛争激化 「バッテリー訴訟戦」LG化学、SKイノベーション対立激化

 

SKイノベーションからLG化学がパクる価値のある技術がそもそも存在していたのかという疑問がありますが、わざわざ自動車を購入してまで対抗してきたのですから自信があるのでしょう。

 

大統領様が仲介に乗り出して見てはいかが?

クリックお願いします!

コメントを残す