サムスン電子、Galaxy Fold 韓国国内で明日発売

「ギャラクシーフォールド」鎮痛5ヶ月後に翼広げる

6日239万8000ウォンで発売、スマホとタブレットの境界崩す

欠陥論議で難航していたサムスン電子の「Galaxy Fold(ギャラクシーフォールド)」が6日、国内で正式に市場に流通される。国内では5世代(5G)通信用の「ギャラクシーフォールド5G」で、英国、フランス、ドイツ、シンガポール、米国などでは4G LTEまたは5Gバージョンで順次発売される。

「Galaxy Fold 5G」はGalaxyスマートフォンの中で最も大きな7.3型「インフィニティ・フレックス・ディスプレイ」を付けた。折りたたんだ状態で、4.6型ディスプレイでアプリを起動させることができる。そのときに使っていたアプリは、画面を広げ、そのままシームレスに使うことができる。7.3型大画面は「マルチアクティブウィンドウ」をサポートする。2つまたは3つの画面に分けて複数のアプリを使う機能である。

機器背面には、1600万画素超広角カメラ、1200万画素広角カメラ、1200万画素の望遠カメラなどのトリプルカメラを入れた。機器を広げたとき、1000万画素のカメラと800万画素のカメラのデュアルカメラで、スマートフォンを折り畳んだときカバーカメラでセルフィーを撮ること(自撮り)ができる。

Galaxy Fold 5Gは、クアルコム・スナップドラゴン855など最新のプロセッサ、12GBメモリと512GBのストレージデバイス、4235mAhの大容量デュアルバッテリーを入れた。スペースシルバーとコスモスブラックの2色で発売され、価格は239万8000ウォンだ。6日から、サムスン電子の公式ホームページ、SKテレコム・KTオンラインモール、U+の主要店、デジタルプラザ弘大店・江南本店など全国10のデジタルプラザとサムスン・ディライトショップで買うことができる。

サムスン電子IM部門長ゴ・ドンジン社長は「複数の技術的難関を克服し、最終的に新しいモバイルのカテゴリを開く「Galaxy Fold」を披露することができようになってうれしい」とし、「インフィニティフレックスディスプレイを搭載した「Galaxy Fold」は、スマートフォンとしては最大の大画面の使用性、携帯性を同時に満たし、ユーザーに意味のある革新的な体験を提供する」と述べた。

サムスン電子はGalaxy Fold 5G国内発売を記念して、さまざまなメリットを準備した。

ファイナンシャルニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=014&aid=0004289122


Galaxy Foldの発売延期のニュースをご紹介していたので…日本での発売は当分なさそうですが、韓国での発売されるということでニュースをご紹介します。
【速報】サムスン電子、Galaxy Foldスクリーン欠陥で発売を延期

単に折りたためるというだけで素人的には何ら新しいものには感じないスマホですが…好きな人にはたまらないネタなのでしょう。

詳しく知りたい!という方のために、韓国サムスン電子サイトのGalaxy Fold 5G紹介ページをご案内
参考 Galaxy Fold紹介ページ(韓国語)サムスン電子

 

Galaxy Fold 5Gは、クアルコム・スナップドラゴン855など最新のプロセッサ、12GBメモリと512GBのストレージデバイス、4235mAhの大容量デュアルバッテリーを入れた。スペースシルバーとコスモスブラックの2色で発売され、価格は239万8000ウォンだ。

価格が高額なので、Galaxy Sシリーズのように大量に販売することを目標にした製品ではないのかと思いますが…日本円にすると213,000円程。。。結構良さげなPCを買えます。

Galaxy Sシリーズのハイスペックモデルが129万8000ウォン(定価)で販売されているので、2倍近い価格差があります。

 

クリックお願いします!

コメントを残す