巨額赤字の韓国電力、再生可能エネルギー購入費が足かせに

9200億の赤字韓国電力、太陽光・風力の2兆5000億使う

  • 発電量の5.8%しかない再生…購入費用は全体の9.9%を占める…購入単価も原発の3倍
  • 結局、電気料金値上げは国民負担

今年上半期9285億ウォンの営業赤字を出した韓国電力が同じ期間、太陽光・風力などの再生可能エネルギーの購入コストとして2兆5332億ウォンを支払っていたことが26日、確認された。文在寅政府の「脱原発」と再生可能エネルギーの拡大政策を支えるために公企業である韓国電力が再生可能エネルギー部門に過度の支出をしているという批判が出ている。

韓国電力が自由韓国党ジョン・ユソプ議員に提出した資料によると、韓国電力は今年上半期に再生可能エネルギー電力購入に1兆5513億ウォン、再生可能エネルギー供給義務化制度(RPS)に9819億ウォンなど計2兆5332億ウォンを支給した。RPSは500㎿(メガワット)以上の大規模発電事業者に一定割合を再生可能エネルギーで供給するように強制する制度だ。

韓国電力の再生可能エネルギー関連のコストは年々増えている。2016年上半期の1兆6739億ウォンから、2017年上半期1兆8272億ウォンに増えた。脱原発と再生可能エネルギーの拡大政策が本格化した2018年上半期には2兆2775億ウォンで2兆ウォンを突破し、今年上半期にも前年同期比11.2%増加した。

 

再生可能エネルギー、発電の割合は5.8%、コストは9.9%

発電コストが高い再生可能エネルギーの購入割合が増え、韓国電力の財政負担も大きくなったことが分かった。今年上半期発電源別電力購入量は、石炭が全体の37.5%(10万133GWh・ギガワット時)で最も多く、原発28.5%(7万6121GWh)、LNG26%(6万9534GWh)、再生可能エネルギー5.8%(1万5489GWh)の順だった。しかし、電力購入費は、全体(25兆6971億ウォン)の9.9%に達した。

ジュ・ハンギュ、ソウル大原子核工学科教授は「原発発電の割合が減り、高価な再生可能エネルギーとLNGの割合が増えれば、韓国電力の負担が増えざるを得ない」とし「韓国電力の負担は、最終的に電気料金の値上げという形で国民負担に戻ってくる」と話した。

一方、政府と韓国電力は「韓国電力の赤字は脱原発とは関係がない」という主張を続けている。しかし、韓国電力は14日、第2四半期の営業実績を発表し、「第2四半期の営業損失は前年同期(6871億ウォンの赤字)に比べ3885億ウォンが改善された2986億ウォン」とし「営業利益が改善された主な原因は、原発利用率大幅上昇と発電用LNG価格の下落などで発電子会社の燃料費などが5000億ウォン減少したため」と説明した。赤字が減った原因を、原発の稼働率増加とし、発電コストが最も安い原発利用率を高めれば赤字を減らすことができると自認しているのだ。

 

再生可能発電単価、原発の3倍

脱原発と再生可能エネルギーの拡大政策に韓国電力の赤字が急増するという批判が大きくなると、韓国電力は今年から「電力購入実績」の作成基準を変更した。従来は、韓国電力の子会社である発電公企業が再生可能エネルギーを義務的に購入する費用(RPS)を含むところ、今年上半期集計からはRPSをこっそり除いたのである。しかし、新たな基準に基づいて計算しても、再生可能エネルギーの購入単価はkWh当たり100.15ウォン(今年上半期基準)で、原発(55.76ウォン)の2倍に近い。以前の基準に従ってRPS費用が含まれている場合には、再生可能エネルギーがkWh当たり163.5ウォンで、原発に比べ3倍近く高い。基準変更について韓国電力は「RPS費用には昨年発生した費用が混在しているため除外した」とした。

朝鮮Biz
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=023&aid=0003469763&date=20190827&type=1&rankingSeq=3&rankingSectionId=101


文在寅大統領誕生で損失を被っている企業ランキングを作った場合、間違いなく1位か2位に入ってくるのが、脱原発・再生可能エネルギー推し政策により、それまで安定していた営業利益が崩れ落ちてしまった韓国電力(KEPCO)でしょう。

 

2015年〜2018年の確定営業利益(損失)と2019年予測資料をご覧いただきたいのですが、文在寅大統領が誕生した2017年には営業利益が1/3に下落して、ついに昨年赤字…

 

もう少し長期的な視点で見ていただくと赤字になるのは、急な原油価格の上昇があった場合なのですが、正直昨年・今年とそれほど原油価格が高くなった訳でもないのに赤字です。

赤字が減った原因を、原発の稼働率増加とし、発電コストが最も安い原発利用率を高めれば赤字を減らすことができると自認しているのだ。

とりあえず、韓国の場合、原発稼働率を高めて原発を安定稼働させ、利益を安定して出せる状態になって、再生可能エネルギーでの発電に力を入れた方が良いのではないか?と常々思っているのですが….

クリックお願いします!

コメントを残す