日本、韓国依存度100%…灯油・ガソリン依存度高い

日本、韓経由依存度100%…灯油・ガソリン依存度高い

日本が軽油とA重油の輸入量をすべて韓国から調達していることが分かった。

クリックしたら拡大します。

2019日本のエネルギー白書によると、昨年、日本が輸入した石油製品のうち、軽油とA重油は100%韓国から輸入したことが分かった。このほか、韓国への依存度が高い石油製品は灯油(91.9%)、ガソリン(89.2%)の順となった。

日本は昨年軽油とA重油を海外からそれぞれ72万5308kl、7万1561kl輸入した。両石油製品は全て韓国から輸入されており、日本の内需に占める輸入の割合は、それぞれ14.1%、2.1%を記録した

灯油の輸入量は215万8301klで、韓国から輸入された量は、198万3285kl(14.1%)である。ガソリン輸入量は208万klであり、韓国から186万1044kl(4.1%)を輸入した。

日本の石油製品市場全体の輸入依存度は21%となった。ただしナフサについては、日本の需要の65.4%を輸入に依存していることが分かった。

また、2019日本のエネルギー白書は、日本の原油処理能力が最高点だった2008年4月に比べ、2018年には30%削減されたと発表した。日本の石油業界が1990年代後半の過剰設備に起因する問題を解決するために、構造調整(リストラ)と製油所の閉鎖を断行したからである。

日本の石油業界は構造調整を通じて▲新日本石油▲コスモ石油グループ▲エクソンモービルグループ▲ジャパンエナジー・昭和シェルグループ▲出光興産の5つに再編された。

日本の石油業界は、経済産業省と共に競争力強化政策も並行して進めている。この一環として実施されている政策が「残油処理装置の装備率」の改善である。日本の石油精製業者は、残油処理装置の新設などを進めて停滞能力を10%削減しなければならない。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=277&aid=0004524067


ダマシ記事のような内容ですが…確かに依存率100%笑

記事で使った資料を改めて貼り付けます。

内需全体に対して、輸入がどの程度の割合を占めているかがグラフの左から中央にかけてでわかります。輸入に多く頼っているのが”ナフサ”で65.4%程度、ほぼ頼っていないのがA重油・軽油・ガソリンで10%も輸入に依存していません。

このように、韓国からの依存度が100%と言っても、日本国内で多く生産がされている石油品目について、依存度が100%だから何?と私も含め、皆さんも率直な感想として思われたのではないか?と思います。

ただ、この石油製品ですが、韓国が日本に輸出する品目No.1品目なのです。No2品目が鉄鋼、No3品目が半導体なのですが、これらNo.1〜No.3までほぼ代替可能なので、上位品目については、日本は、韓国から何をされたとしても、それほど困ることはなさそうです。

韓国のマスコミもこういう情報を探すので忙しいみたいで…笑


クリックお願いしいます!

コメントを残す