バルチラ現代エンジン解散事由発生で法人解散へ

韓国造船海洋、子会社バルチラ現代エンジン解散事由が発生

韓国造船海洋は、子会社であるバルチラ現代エンジン(有)の解散事由が発生したと20日、発表した。前日行われた社員総会で会社の解散と清算人選任案件が決定された。韓国造船海洋が持株会社に移行した今年6月3日の時点でバルチラ現代エンジンの資産総額の割合は0.21%と集計された。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=008&aid=0004265689


バルチラ現代エンジンという会社は、フィンランドのバルチラと2007年の合弁で設立した船舶のエンジン会社で、韓国造船海洋とバルチラがそれぞれ50%の株式を持っています。

韓国造船海洋という会社は、”現代重工業”という会社が、今年、韓国造船海洋と現代重工業に分割したのですが、現在重工業の存続会社が「韓国造船海洋」で、新設会社が「現代重工業」になり、船の建造をするのが「現代重工業」・船の研究と造船子会社の管理をするのが「韓国造船海洋」となりました。

 

バルチラという会社は、日本にも法人があります。東京・神戸・今治・富山に拠点があり、200名の社員さんがいらっしゃるそうです。
参考 バルチラジャパン公式サイトバルチラジャパン

東京:わかる
神戸:わかるような
今治:わかる造船の街だものね..
富山:??

東京・神戸・今治では舶用及び陸上用エンジンの販売・技術サービスの提供及びシール&ベアリング部品の販売。富山ではシール&ベアリング製品の製造と技術サービスを提供していますとのこと。

船舶用のエンジンの会社だと思っていましたが、それ以外にも多様な事業をされているのですね。

 

解散事由が発生したというけど、どんな発生事由なのか一切情報がありません。


クリックお願いします!

コメントを残す