チェジュ航空…前年比たった30%しか日本旅行客が減っていない。

済州航空”東南アジア予約者が急増”供給席30%増やす

  • コタキナバルなどに関心…10月予約者は昨年比3倍
  • 9月から本格的に増便…フィリピンセブ来月17日から

日韓対立で航空会社が東南アジア路線を拡大する中で、済州航空が東南アジア地域への便を大幅に増やす。

済州航空は、9月1日から10月26日まで、仁川〜コタキナバル、9月9日から10月26日まで、仁川〜マカオの路線をそれぞれ週4回増便すると21日明らかにした。

仁川〜高雄路線は9月1日から10月20日まで、毎週1回、仁川〜タイのチェンマイ路線は9月11日から9月29日まで週2回増便する。

大邱〜フィリピンのセブ路線は9月17日から週4回(火・木・土・日曜日)の日程で新規就航する。大邱国際空港から午後8時5分(以下現地時間)に出発して詳細に夜11時15分に到着する予定である。詳細は、次の日0時15分に出発し、大邱空港に朝5時10分に到着する。

今回増便は東南アジアの旅行者急増によるものである。実際、8月20日現在、済州航空の東南アジア路線の予約者数は9月20万2500人、10月18万2400人で、昨年の同じ期間(15万人・9万3100人)よりそれぞれ37%、96%、または増加した。

特に10月コタキナバルのルート予約者は1万1600人で、昨年4000人より約3倍増加した。

台北の10月の予約者は8800人で、昨年4260人より2倍近く予約者が増え、昨年就航した高雄も週4回運航も6200人の予約者が集まった。10月の日本予約者数が昨年の70%である6万5500人と対比される。

済州航空の9月と10月に東南アジア路線への供給席は昨年より約30%増の約53万席規模だ。

済州航空の関係者は「自然災害や病気、政治・社会的な影響による需要と供給の不均衡に対応してルートポートフォリオを構成してきた」とし「消費者が好む地の変化など、市場の状況に合わせて弾力的に路線を運用する計画だ」と語った。

ヘラルド経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=016&aid=0001570492


LCCの済州航空だけでなく、大韓航空・アシアナ航空も中国や東南アジアへの便を増便して、日本への便を減らす動きをしています。

LCC各社の赤字が出ていたのも、飛行機を増やして日本便を増やしすぎたという側面もあり、多少、日本への供給が減少した方がLCCの経営的には、よかったのではないかと思います。ただ、ここまで急激に減便をして、行き先を変えるというのは、経営に悪影響でしょうが…

ところで、なぜ日本行きのタイトルをつけたかというと、シャイジャパンなどが流行っているこの時期にわざわざ日本に行くひとがそもそもいるのか?というのが日本国内にいる人間の印象ではないでしょうか?反対にこんな時期に韓国に〜という方もいらっしゃると思いますし。
周りに日本行きを知らせない シャイ・ジャパン 登場

 

人っ子一人日本には行かないような、前年比95%減くらいの勢いを感じてしまう日本不買・日本に行かない運動ですが、蓋を開けてみると…済州航空1社だけの数字とはいえ、前年比30%減程度で済んでいるという…

 

記事に出てきた数字を整理しますとこんな感じです。

2019年10月 2018年10月 増減
東南アジア路線 182,400 93,100 95.9
コタキナバル 11,600 4,000 190.0
台北 8,800 4,260 106.6
日本 65,500 93,571 -30.0

印象より実際の数字をみてきちんと判断するということの重要性がこの記事にはあるなぁと思いました。

ちなみに、7月に日本に来た韓国人は-7.6%程度でした。

国・地域 総数  Total 総数  Total
2018年 2019年 伸率(%) 2018年 2019年 伸率(%)
7月 7月 1月~7月 1月~7月
全体 2,832,040 2,991,200 5.6 18,731,103 19,624,800 4.8
韓国 607,953 561,700 -7.6 4,624,323 4,424,400 -4.3

全体に占める韓国人の割合は、2018.7:21.5%、2019.7:18.8%で、2.7%p減少。累計では、2018:24.7%、2019:22.5%で、2.1%p減少。減ったといってもまだ全体の18.8%が韓国人でらっしゃるので、来日された方を見かけたときには、優しくしてあげてほしいものです。

 

 

コメントを残す