サムスン重工業、LNGタンカー10隻一括受注成功!

サムスン重、LNG燃料推進タンカー10隻「ジャックポット」受注

サムスン重工業が7513億ウォン規模のLNG(液化天然ガス)燃料推進タンカー10隻を受注し、今年の受注目標の半分を超えた。

サムスン重工業は19日、オセアニア地域船会社からアフラマックス級(11万3000DWT・載貨重量トン)LNG燃料推進タンカー10隻を合計7513億ウォンで受注したと公示した。これらの船は、2022年1月までに順次引き渡される予定である。今回の受注で、サムスン重工業は今年受注目標(78億ドル)の半分以上の54%を一気に達成することになった。

今回受注した船舶には、サムスン重工業が独自開発したLNG燃料供給システムである「S-Fugas」を採用する。S-Fugasは氷点下163度の液化LNGを気化して船舶のメインエンジンや発電機などに供給するシステムである。推進燃料としてLNGを使用することにより、既存の軽油使用時と比較して硫黄酸化物99%、窒素酸化物85%、二酸化炭素25%を削減することができるというのが、サムスン重工業側の説明だ。

LNGは2020年1月1日から施行予定の国際海事機関(IMO)の硫黄酸化物の排出規制を満たし、高硫黄油を置き換えることができる現実的な対応策として挙げられている。これから船会社は硫黄酸化物の含有量を3.5%から0.5%以下に大幅に削減しなければならない。

大韓貿易投資振興公社(KOTRA)は、2025年の世界の新造発注船舶市場の60.3%(1085億ドル)をLNG燃料推進船市場が占めると予想した。サムスン重工業は、市場の流れに沿って、2012年から様々な形や材質のLNG燃料タンクとエンジンを採用することにより、LNG燃料推進船の分野で差別化した品質競争力を確保してきた。

サムスン重工業の関係者は「継続的な技術開発と国産化を通じたコスト削減で受注競争力をさらに引き上げエコ船舶市場を引き続きリードしていく」と述べた。

デジタルタイムズ
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=029&aid=0002547197


アフラマックス級のタンカーの一般的な価格を調べないことには、この仕事が良いのか悪いのかイマイチわかりませんので、調べることにしました。

10隻合計:7513億ウォン→1隻:751.3億ウォン→0.62億ドルとなります。ということで、1隻あたり約62百万ドルが適正か否かを調べる必要があります。

アフラマックス級タンカーというだけしか情報がないので、下のリンクしか直近のものを見つけることができませんでしたが、どうやらアフラマックス級タンカー新造1隻のお値段は49millionあたりのようです。それを考えるとサムスン重工業が公示した金額約62millionは、かなり高額なお取引をしてもらえたのではないでしょうか?

某企業の社長さんが、韓国企業が受注する船舶は安すぎるとおっしゃっていた記事を拝見したことがあるのですが、サムスン重工業に関しては、見つけた資料を見る限り、激安受注というわけでもなさそうです。

参考 Aframax tanker newbuilding pricesdatawrapper 2019年4月:49million

参考 What Current Tanker Prices Tell Us about the Tanker IndustryMarket Realist 2017年4月28日:43million

サムスン重工業だけは受注目標を達成できそうで、何よりです。

 


クリックお願いします!

 

コメントを残す