日韓石油協会、交流開始1ヶ月で停滞

韓・日石油協会、初交流1カ月で「停滞」

日本の「ホワイトリスト(安保上の輸出審査優遇国)」排除措置で韓日石油業界の民間交流が始まって1カ月で停滞した。

17日、石油業界によると、7月にキム・ヒョソク大韓石油協会会長が日本の石油連盟を初めて訪問した後の流れを引き継いで行くことにしていたが、暫定的に保留された状態だ。

石油業界関係者は「記録が残っている過去20年の間に石油協会会長が日本を訪れたのは今回が初めて」とし「日本の石油連盟が韓国を訪問するという話が交わされたが、日韓関係の悪化で約束がどうなるかわからなくなった」と述べた。

キム・ヒョソク大韓石油協会会長と月岡隆日本石油連盟会長の出会いは、日本の輸出規制を発表(7月4日)以降に行われたという点で注目を浴びた。

両国の石油協会会長が会って協力方案を模索した背景には、両国の石油業界の事情が似ているという判断からだ。韓国と日本は、石油産出国ではなく、原油価格の上昇に大きな影響を受ける。また、環境規制の強化で内燃機関自動車が退出させられる雰囲気で、石油業界の地位がますます狭くなる状況である。

特に日本は、石油製品の韓国の輸入依存度が相対的に高い方だ。日本のエネルギー白書によると、軽油とA重油を100%韓国から輸入している。このほか、灯油とガソリンの全輸入量のうち韓国からの割合がそれぞれ91.9%、89.2%に達している。

民間レベルで、両国の石油協会は、業界の懸案と対応の用意を続け続ける計画であった。しかし、日本の輸出報復が長期化し、両国の世論の悪化などにより、現時点で積極的に交流を継続するのは難しいと判断したとみられる。

一方、日本の石油連盟は、日本1位石油精製会社であるJXTGホールディングス、業界2位の石油精製会社であり、OLED材料メーカーである出光興産、コスモ石油など11社の石油精製メーカーや石油販売会社をメンバーに置いている団体だ。現在の会長は、前出光興産CEO(最高経営責任者)であった月岡隆氏である。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=277&aid=0004520031


日本と韓国は、石油関係では切っても切れない間柄だと言いたい記事。

特に日本は、石油製品の韓国の輸入依存度が相対的に大きい方だ。日本のエネルギー白書によると、軽油とA重油を100%韓国から輸入している。このほか、灯油とガソリンの全輸入量のうち韓国からの割合がそれぞれ91.9%、89.2%に達している。

石油製品の輸入依存度が高いって何?と思われる方がおられるかもしれませんが、この記事は正しい。

石油というと中東のサウジアラビアやUAEあたりからくるものと思うと思いますが、あれは「原油」。それで、この記事が言っているのはガソリンなど石油製品でして、日本は石油製品の韓国依存度が記事の通り高いということです。

こちらその証拠資料….実は、韓国からの輸入品目の約15%を占める輸入品目1位が石油製品なのです。キムチやOLED/有機ELではない。。。

ということで、完全に貿易が途切れると石油製品の輸入の多くを韓国からのものでまかなっていた日本としては、取引相手を探したり、自分たちで作ったりしないといけないので、ちょっと大変というわけです。

参考:
参考 ガソリンなどの石油製品はのように作るのか?昭和四日市石油株式会社

 

ところで、記事の内容的には理解できるとして、石油連盟なる組織が存在するのか?という疑問を持った私ですが、調べてみました。本当に存在していました。

参考 石油連盟サイト石油連盟

ただですね…韓国の大韓石油協会の方とお会いしたというニュースなどまったく掲載されていないんですよ。プレスリリースを読んでも…Twitterアカウント開設しました!!なんてものがあるのに…

石油連盟 @paj_sekiren

本当にお会いしたのでしょうか?

 

それは良いとして個人的に驚いたのが、出光興産がOLED(有機EL)素材関係の事業をされていることです。そんなことを事業とされているとは思ってもみなかったので、驚きました。LGともお付き合いがあるみたいですし、そのうち出光興産の製品が輸出規制されるかもwww

参考 有機ELとは出光興産

 


クリックお願いします!

 

 

 

 

コメントを残す