日本、震えているか?90%以上の韓国依存品目が29品目も

日本、震えているか?…90%以上韓国依存品目29個

日本も、我々のように大変になるのか?

昨日(14日)、韓国から戦略物資を輸出する際に優遇する国、いわゆるホワイトリストから日本を除く案を盛り込んだ「戦略物資輸出入告示改正案」が行政予告された。20日間の意見収斂を経て、来月施行される予定である。日本の輸出規制の導入によって、韓国企業は生産に支障をきたすと懸念されているだけに、その逆の現象が起こるか関心が集まっている。

昨年、韓国が輸入した物品に占める日本製品の割合は10.2%にのぼる。反対に、日本が輸入した物品に占める韓国製品の割合は4.3%にとどまった。果たして日本が輸出規制した半導体材料3品目のように韓国でも「カード」に使える品目があるのだろうか?

 

日本の輸入品に占める韓国の割合の高い品目多数存在

実際に昨年、日本の輸入品目のうち韓国製の割合が90%以上である品目は29個に達する。韓国が1000万ドル以上輸出した項目だけ分けて、輸出入分類記号であるHSコードに基づいて分類してみるとそうなった。70%以上独占した品目も66個にのぼる。

しかし、その内容を見ると、日本が規制された「EUVフォトレジスト」や「フッ化水素ガス」のような代替が容易ではない項目が多くはない。韓国への依存度が高い品目は硝酸(100%)やベンゼン(97%)、冷凍カキ(95%)、特定のサイズの鉄鋼製品が中心だ。もし韓国製品の供給が途切れた場合、日本企業が追加費用を負担しなければならない不便は大きくなるだろうが、中国など他の国での代替が可能である。しかし、韓国にカードがないわけではない。

 

DRAMとOLEDは、日本に供給制限すれば打撃予想

第2四半期の世界DRAM市場で韓国企業が供給した量は74%にのぼる。外国企業との技術水準も異なるため、一部の高性能な製品は、韓国だけで生産される。TV用に使う大型OLEDも中国がプロトタイプを出したが、まだ韓国が事実上独占している。

日本の電子メーカーは生産ラインを東南アジアなどに多数移転したが、日本の消費者の根強い日本製を好む風土のため、一部の製品は日本での国内生産にこだわっている。証券業界アナリストも、実際の輸出規制が発動されれば、日本企業が影響を受けかねないと見込んでいる。

実際、最近1ヶ月間で、日本ではPC用のDRAM価格が10〜20%上昇したという日本メディアの報道もある。OLEDパネルの場合には、日本が7月の輸出規制を発表直前に、今後の紛争を備え買い占めたのではないかという疑惑もある。5月の日本の韓国産OLEDパネルの輸入は1270万ドル分で4月に比べ4倍近く増えた。6月も1320万ドル分輸入して過去最高を記録した。1年前に比べて129%増加した。(これについては反論もある。大型OLED TV市場が成長しているだけで、自然な成長であり買い占めではないということだ。)

しかし、問題は、政府がOLEDとDRAM輸出を規制する場合、私たちの企業も打撃を受けかねないという点である。韓国企業が素材供給先を日本以外に多様化するため、日本国内で輸入規制の非難が出ているのと同じ現象が韓国で再燃しかねない。一部のマスコミで提起された、日本へのDRAM輸出規制説について、大統領府が否定して積極的に解明に乗り出したのも「説」だけで、韓国企業が被害を受けかねないという判断によるものと思われる。

 

日本の追加規制を防ぐためのテコ?

政府もすぐには、日本へのDRAM輸出規制を考えていないことを明らかにしたものである。政府の一連の動きについては、日本のさらなる個別規制を予防するためにとられた措置であるという分析も出ている。

イ・チョンギ対外経済政策研究院副研究委員は「日本への個別規制対象を増やせという話も聞こえる中、政府がひとまず戦争拡大は自制しながらも、日本にメッセージを投げたとみられる」と指摘した。日本のように、特定の品目を個別規制対象に指定しないが、韓国もいつでも規制は可能であることを見せてくれたという意味だ。

KBS
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=056&aid=0010732640&date=20190815&type=1&rankingSeq=2&rankingSectionId=101


というように寝言のような記事が読者の多い記事ランキングで上位にあったのでご紹介しました。勝手に言ってろくらいの記事で、コメント欄を見ると韓国人でさえほとんど相手にしていないという…DRAMやOLEDを日本へ輸出しないということで、DRAMやOLEDを生産しないのであれば、日本が韓国に薬品を輸出しなくても良いだけなので、自分で自分の首を….

少なくとも「冷凍カキ」は戦略物資ではない(笑

 

ところで、記事に

OLEDパネルの場合には、日本が7月の輸出規制を発表直前に、今後の紛争を備え買い占めたのではないかという疑惑もある。5月の日本の韓国産OLEDパネルの輸入は1270万ドル分で4月に比べ4倍近く増えた。6月も1320万ドル分輸入して過去最高を記録した。1年前に比べて129%増加した。(これについては反論もある。大型OLED TV市場が成長しているだけで、自然な成長であり買い占めではないということだ。)

という内容がありますが、当サイトでも記事を紹介しました。
日本、輸出規制前のOLEDパネル青田買い疑惑

この疑惑は、結局、①OLEDパネルの輸出が前年同月比で減少傾向だった、②そんな状況なのに日本は前年同月比を大きく上回るOLEDパネルの輸入をしている。という理由から、日本政府が日本の電機メーカーに対して、事前に韓国への輸出管理強化を知らせていたので、日本が自衛のために大量にOLEDパネルを買い占めた!という内容が韓国マスコミの主張なのですが…この記事を読んだ韓国人が、日本はこういうことをするから〜〜とかきっと忘れない…..など無知なために記事が既成事実のようになり、悪口で埋め尽くされていました。

 

ただ、そのときは、個人的には嘘くさいと思いながらも青田買い疑惑を反論する資料がなかったので、日本政府が日本メーカーに事前にお知らせしていたという”ウソ”という証明ができませんでしたが、資料が揃いましたので…ここからは、記事の疑惑は難癖で、日本メーカーが5月・6月大量に購入したのはたまたまだったということを証明していきたいと思います。

 

まずは、こちらをご覧ください。韓国のOLED輸出相手国上位6ヶ国の輸出額推移となります。

日本はどこにいるかわかりますか?グラフは、中国とベトナムの折れ線グラフで占拠されています。こちらをご覧いただければわかりますが、中国とベトナムでシェアが占拠されており、前年より輸出が減少したという主張ですが、中国とベトナムに左右されているだけとご理解いただけると思います。

対日本へのOLED輸出シェアは1%あるかないか程度なのです。日本が輸入を増やしたと言っても全体の輸出額には何ら影響を与えるレベルではないことがご理解いただけるかと思います。

結局、OLEDの全体の輸出が減少しているのに、日本への輸出が激増しているのはおかしいという主張自体がおかしいとご理解いただけると思います。

 

では、日本への輸出が記事にあるように急増したのが異常かどうかを見てみたいと思います。

こちらの資料は、韓国から日本・ポーランド・メキシコへのOLED輸出額推移となります。

ベトナムと中国を入れた資料だと横一線になっているように見えたこの3ヶ国への輸出額がかなり増減していることがわかります。ポーランド・メキシコなどの数字を見ると前年比100%増・100%減などは普通に出てくる数字というのがY軸の目盛りをご覧いただけるとご理解いただけると思います。

日本ですが、2017年3月を境にして、多少の増減がありますが、右肩上がりの傾向を示しています。超短期的に3月〜6月までをみた場合、3月・4月の激減から過去最高のOLED輸入額を5月に達成したので、2倍以上OLEDを輸入した!!ということになりますが、過去の右肩上がり傾向から考えて、2019年4月までに在庫を処理して、2019年5月には在庫が底をついたので輸入したと言えなくもない。しかも、前述のように他の国でも100%増加などは普通に起こっています。

しかも、検索するとこのように日本でのOLED TVの販売台数が2017年と2018年を比較して3倍も増加しているのでしたら、やはり日本企業が前年よりも大量にOLEDパネルを購入するのも不思議ではないと思います。

したがって、韓国マスコミの意味不明なOLED買い占め疑惑は単なる難癖と言い切っても問題ないと思います。

 


クリックお願いします!

 

 

コメントを残す