【業績速報】オリオン、中国事業好調で第2四半期営業利益前年比27.3%増加

オリオン、第2四半期営業利益は前年比27.3%増加…「中国事業好調のおかげ」

オリオンが中国法人の実績好調により、過去2四半期良好な実績を出した。

オリオンは第2四半期の連結売上高4393億ウォン、営業利益504億ウォンを記録したと7日公示した。前年同期比の売上高は3.7%増、営業利益は27.3%増加した。

第2四半期のオリオン業績好調を導いたのは、中国法人の影響が大きかった。オリオンによると、オリオン中国法人の営業利益は、前年第2四半期と比較して64.1%増加した。新製品が中国現地で良い反応を得た分析だ。特に、コブックチップは、中国で発売1年で約6000万個が販売された。

オリオン、ベトナム法人とロシアの法人も営業利益が増加した。ベトナムの法人の第2四半期の営業利益は、前年比3.3%増、ロシアの法人は4.1%増加した。

国内実績も強固な上昇を見せた。オリオンによると、第2四半期の国内法人の営業利益は12.8%増加した。

オリオンの関係者は、「コブックチップなど新製品の発売効果が反映され、今年の第2四半期の中国法人営業利益が大幅に増え、良好な実績を出したようだ」とし「下半期にも海外法人の成長を期待しており、業績改善傾向を続けることができあると見込んでいる」と述べた。

オリオンは、下半期に高機能性ミネラルウォーター製品発売をはじめ、様々な菓子の新製品を発売して上昇を維持していく方針だ。

朝鮮Biz
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=366&aid=0000440367


オリオンは、韓国の有名お菓子メーカーで時価総額上位60位前後には位置する大手企業です。日本にもお菓子を輸出しており、新大久保あたりでは普通に見かけます…有名どろこでは「情」というチョコパイ、「マーケットO」というお菓子あたりでしょうか。(画像をクリックするとAmazonサイトに飛びますのでご注意)

マーケットOは、コンビニでも販売されているのを見かけたことがあるので、日本でもそれなりに人気があるのかもしれません…

ちなみに、記事にあるコブックチップですが、ヤマザキビスケットの「エアリアル」のパクリです。画像をクリックしてもどこにも移動しません!!!

袋に表示されているお菓子をよ〜〜くご覧いただければ、パクリと…

 

オリオンの業績をまとめると以下のようになります。

四半期業績比較

単位:億ウォン 2019.2Q 2019.1Q QoQ 2018.2Q YoY
売上高 4,393 4,976 -11.7% 4,237 3.7%
営業利益 503 773 -34.9% 395 27.3%
当期純利益 368 528 -30.3% 276 33.3%

 

通期業績比較

単位:億ウォン 2019年 2018年 YoY
売上高 9,369 9,400 -0.3%
営業利益 1,276 1,332 -4.2%
当期純利益 896 951 -5.8%

 

コメントを残す