日本、韓国半導体の代替を台湾に求めるも限界がある!

台湾が代替?…日本、韓国半導体代替に限界

  • 高性能半導体、台湾製に取って代わるのは難しい
  • 半導体で、韓日ともに打撃は避けられない

半導体産業をめぐって韓国はもちろん日本も打撃が避けられない見通しだ。日本では、台湾製品に置き換えることができると自信を持っているが、業界では、高性能半導体の場合、韓国製の代替は難しいという分析だ。

サムスン電子は6日、前取引日より1450ウォン(3.29%)値下がりした4万2500ウォンで取引が終了した。米中貿易紛争、日本経済報復などで株価不振に悩まされている様子だ。先月31日から5営業日連続で株価が下落した。1週間で4000ウォン以上落ちた。

SKハイニックスも同じだ。この日SKハイニックスの株価は前日より2300ウォン(3.05%)落ちた7万3100ウォンで開始された。日本政府が韓国をホワイトリストから除外すると明らかにした去る2日から3営業日連続で株価が急落している。

サムスン電子とSKハイニックスが株価が低迷した理由は、日本が韓国をホワイトリストから除く影響が大きい。日本政府が先月4日、半導体・ディスプレイの核心素材3品目について輸出規制を強化したのに続き、2日、韓国をホワイトリストから除外し、韓国の半導体メーカーが素材の確保で生産に支障を来たしかねないという懸念が大きくなったためだ。

韓国も戦略物資の対日輸出を規制する対抗措置を発売し、日本の半導体産業も打撃が避けられないと予想される。日本の半導体産業もサムスン電子とSKハイニックス半導体を輸入しているからである。日本政府は、台湾メーカーを通じて国内の半導体供給を置き換えることができると強調した状態だ。

半導体業界によると、日本が台湾製など韓国以外の国からの半導体物量を確保することができますが、核心は、高性能・高容量・高信頼性の半導体と見ている

日本の昨年のメモリー半導体の輸入額のうち、韓国製の割合は17%であった。台湾製の半導体の割合は59.3%で規模の面ですでに韓国より大きく上回っている。しかし、高性能製品群をみると、台湾製が韓国製を代替するのが難しいというのが業界の評価だ。

韓国が半導体報復に出る可能性と関連して、業界では慎重な反応だ。全体国内産業規模での半導体産業が20%を占めるほど比重が大きく、半導体の輸出制限が韓国全体の輸出市場の萎縮につながるというと憂慮のためだ。サムスン電子やSKハイニックスが揺らげば、世界の半導体市場で打撃が拡散される。サムスン電子(43.9%)とSKハイニックス(29.5%)は、世界のDRAM市場で約73.4%のシェアを占めている。世界のNAND市場では、それぞれ35%、10.6%のシェアで45.6%のシェアを占めている。

業界関係者は「日本は台湾の輸入を増やし、半導体を供給することができますが、韓国製半導体の需要も高く十分ではない」とし「韓日経済戦争に企業だけ厳しくなる状況だ」と述べた。

ヘラルド経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=016&aid=0001565691


何でしょうか台湾をDisっている記事は…笑

とりあえず、半導体市場のシェアをみてみましょう。この記事に付いていたグラフなのですが、出どころがはっきりしないのですが…


左側がDRAMのシェア・右側がNANDフラッシュのシェアとなります。

DRAMが左からサムスン電子・SKハイニックス・マイクロン・ナンヤ・その他
NANDが左上段からサムスン電子・東芝・WDC・マイクロン・SKハイニックス・インテル・その他

と書いています。とりあえず、シェアが大きいと分かれば良いニダ!と言うことなのでしょうか?

 

これでは使い物にならないので、Trendforceで直近のシェアを調べてみました。

まず、こちらが2019年第1四半期のDRAMの売上とシェア

サムスン電子がシェアを伸ばしていますが、売上の落ちっぷりは…ちなみに、韓国メーカーのシェアは72.6%となります。

 

こちらが同じ期間のNANDフラッシュの売上とシェア

こちらは、サムスンとSKハイニックスのシェアが減少して、東芝・マイクロンのシェアが増えていますが、売上の落ちっぷりを見ると….ちなみに、韓国メーカーのシェアは39.4%となります。

 

記事で語っている高性能・高容量・高信頼性の半導体云々は、NANDではなくDRAMで台湾メーカーなので、NanyaWinbondPowerchipの3社(合計シェア3.8%)の製品は、高性能・高容量・高信頼性ではないと….(各メーカーにつけているリンクは各社のHPです!)

台湾メーカーがシェアを高めて、2社を駆逐することを願うばかりです。

 


クリックお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す