ロッテは韓国企業なのか?日本企業なのか?…また始まったw

ロッテは韓国企業なのか?日本企業なのか?

  • 日本製品不買運動拡散
  • ロッテ系列会社と会長にも飛び火

7月19日、ソウルの昼の気温が33度に達し、炎天下が猛威を振るった日の昼食の時間。キムチチゲの店「麻浦ナルトガ」に中年男性3人が席についた。キム某氏がキムチチゲ3人前を注文した後、焼酎「チョウムチョロム」のボトルを注文した。すぐにパク某さんが手を振り「チョウムチョロム」ではなく「チャミスル」に注文を変えた。キム氏はパク氏に「チャミスル好きか?」と尋ねると、パクさんは「日本製品不買運動を始めていて、しばらく前からロッテ製品を使っていない」と答えた。パク氏は「ロッテは隠れた日本企業」とし「ロッテが運営するセブンイレブンにも、最近足を運ばない」と述べた後、チャミスルを一杯飲んだ。

 

ロッテは日本企業の「足場企業」

日本の経済報復として、国内で広がる日本製品不買運動の火の粉がロッテグループに広がっている。ロッテとしては悔しい点がある。事実、辛格浩(シン・キョクホ)ロッテ名誉会長は、たった83円を持って日本に渡り、第二次世界大戦が終わった1948年にロッテを作った。20年後、1967年に韓国にロッテ製菓を創設して、国内での事業を拡大していった。辛名誉会長は、韓国と日本を行き来しながら、ビジネスを育てた。最近では韓国市場の売上高の規模が日本よりもはるかに大きい。パートナーの従業員を含めて、国内20万人の雇用を創出し、税金納付額も相当である。

しかし、ロッテは日本ボイコットリストに上がったユニクロ、無印良品、アサヒ(ビール)などと提携し、日本企業の韓国進出のための「足場企業」という批判を受けている。不買企業1位に上がったユニクロを見ると、ユニクロ韓国法人FRNコリアは日本のファーストリテイリングが51%、ロッテショッピングが49%の株式を分けている。無印良品韓国合弁会社無印コリアも日本の良品計画とロッテの会社が株式をそれぞれ60%、40%保有している。アサヒビールを売るロッテアサヒ酒類もアサヒグループホールディングスが50%、ロッテ七星飲料が50%ずつ株式を分けている。

ユニクロは、2018年に韓国での売上高が1兆3732億ウォン、営業利益2344億ウォンを上げ、4年連続で売上高1兆ウォンを記録した。無印良品は2018年に韓国で1378億ウォンを稼ぎ、2003年の韓国での事業開始後、史上最大の実績を上げた。日本-ロッテ合弁企業が韓国で好調なのは、国内での流通網を掌握したロッテが貢献しているという評価が出ている。ユニクロと無印良品の国内店はほとんどロッテ流通系列会社に入店した。

 

ロッテ、戦犯企業とも提携

さらに、ロッテは日本戦犯企業とされる三菱・三井などと手を取り合って事業を展開し、数千億ウォンの配当を日本に送っている。「国富流出」論議が大きくなる背景だ。日本製品不買運動は、安倍晋三政府が強制徴用被害者の賠償判決を口実に「輸出規制」という報復カードを取り出し、発生したものだ。日本の当事者企業三菱重工業は、韓国最高裁が2018年10月30日、強制動員被害者に慰謝料を支払わなければならないという判決後も賠償の履行を無視している。

ロッテケミカルは、2006年三菱ケミカルと手を取り合って、それぞれ50%ずつ株式を持ち、ロッテMCCを設立した。この会社は、プラスチック、合成樹脂を作る。三菱ケミカル(旧三菱化成工業)は、日本植民地時代に朝鮮人強制動員に関与した疑いで戦犯企業に分類された企業である。ロッテMCCは2018年の純利益1748億ウォンのうち配当金だけで1400億ウォンに達した。最近5年間、この企業に流れた配当金は1049億ウォンだ。ロッテケミカルは三井化学とも50対50の合弁会社を作って、国内で事業を行っている。三井は日本植民地時代に三井鉱山に朝鮮人を強制的に動員し、戦犯企業に分類された企業である。

 

安倍、シン・ドンビン会長の息子披露宴に出席

辛東彬(シン・ドンビン/重光昭夫)、ロッテグループ会長が今回の事態を引き起こした安倍晋三首相と親しい間柄ということも、この不買運動で再び注目されている。2015年11月28日、東京帝国ホテルで開かれたシン・ドンビン会長の長男シン・ユヨル(重光聡)結婚披露宴に安倍首相が賀客で参加した。

重光は野村證券に勤務し、コロンビア大学でMBA課程を修めた。シン・ドンビン会長も野村證券、コロンビア大学MBAを経た後、韓国ロッテ会長を務めた。重光は今年33歳で、韓国に帰化すると軍隊を行かなければならない。しかし、シン・ドンビン会長のように38歳以降に韓国国籍を取得すると兵役義務から脱せられる。

次に、ロッテが日本企業なのか、韓国企業なのかを計算し表示するためには、韓国ロッテ持分構造を見てみましょう。2017年ロッテ持分会社が発足し、ほとんどの系列会社を子会社に編入したが、ロッテキャピタル・ロッテ建設・ロッテ物産など、まだ多くの関連会社は、ホテルロッテが最大株主だ。ホテルロッテは日本ロッテホールディングス(19.07%)が筆頭株主、2大株主が日本の光潤社(5.45%)である。ロッテのガバナンスの軸であるホテルロッテは日系企業の影響力の下にあるわけだ。このような理由から、ロッテが「うわべだけの韓国企業ではないか」という批判を受ける。

シン・ドンビン会長を含むロッテグループの役員は、このような議論に口を閉ざしている。シン会長は、7月16日に下半期の社長団会議を開催し、取材陣にこれに関連質問を受けたが答えなかった。ただし、シン会長は、7月20日に社長団会議を終えて席で「顧客、従業員、サプライヤー、社会的なコミュニティに私たちが”良いことしている企業”という共感を勝ち取ることが重要である」と述べた。「企業の社会的責任」を強調した言葉であるが、日本製品不買運動に関連した発言だという解釈である。

ロッテ不買運動は、株価にそっくり反映されている。ロッテ持株会社をはじめ、ロッテショッピング、ロッテハイマートなど主要系列会社の株価が次々年初来最安値を記録し、墜落している。6月末に比べてロッテショッピングとロッテ七星の株価は10%前後下落した。

ハンギョレ
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=028&aid=0002463638&date=20190806&type=1&rankingSeq=8&rankingSectionId=101


やはりハンギョレから、このネタが出てくると思いました(笑

まずは、記事の最初の小ネタ部分で出てきたお店と焼酎をご紹介

麻浦ナルトガ(韓国語)


こちらがチョウムチョロム(リンク先はAmazonになっていますから、購入されたい方…)


こちらがチャミスル(リンク先はAmazonになっていますから、購入されたい方…)

 

重光は今年33歳で、韓国に帰化すると軍隊を行かなければならない。しかし、シン・ドンビン会長のように38歳以降に韓国国籍を取得すると兵役義務から脱せられる。

38歳になったら韓国国籍を取得すると「ロッテは韓国企業ですか?あなたは韓国人ですか?」と永遠に聞かれるのでしょうね。重光聡さん…

いろいろ規制がありそうなので、韓国籍を取らないのも問題でしょうし…彼にはいっそのこと今すぐに韓国籍を取得して、海兵隊に入ることをオススメしたい。

海兵隊出身というだけで箔がつきますから、あなたは韓国人ですか?とか韓国企業ですか?など聞いてくるのは、この記事を書いたようなキ◯ガイだけになるかと…

 

 

芸能人で海兵隊出身者としては有名なのはヒョンビン(写真/リンクはAmazonで彼が出演したドラマなどをまとめたページ)

彼は、兵役を終えても仕事が消えず、かえって増えるくらいですから、海兵隊に入り軍務を遂行したことが相当評価されたのだと思います。なので、重光聡さんもここは一発大逆転で海兵隊に入った方が…

 

ハンギョレは、左派的な新聞で、人権を唱えながら、シン・ドンビン氏や彼の一家の人権は考えたことがないのでしょうか?…どうせなら、ハンギョレにはぜひカメラを含めて日本製品を一切使わない新聞社になってもらいたいですね。

 

クリックお願いします!

 

 

コメントを残す