韓国、7月の外貨準備高微増で4031億ドル

7月、外貨準備高微増で4031億ドル記録

外貨資産運用収益の増加、7月末外貨準備高が小幅増加した。

韓国銀行が5日に発表した「2019年7月末の外貨準備高」によると、外貨準備高は4031億1000万ドルと集計された。1ヶ月前より4000万ドル増加した。

外貨準備高は、ドル高の流れで、4月から5月までの減少傾向を見せたが、6月に反発している。

韓国銀行は「米ドル高によるその他の通貨表示外貨資産のドル換算額減少にもかかわらず、外貨資産運用収益の増加などに主に起因する」と説明した。

先月末の主要6カ国の通貨を対象に算出した米国ドル指数は98.05で、前月より1.9%上昇した。ユーロなど主要国通貨と比較して、米ドルが強気を見せたという意味だ。対ドル、ユーロは1.9%、ポンドは4.0%、円は0.8%、オーストラリアドル1.9%安だった。

外貨準備高のうち、預金は202億4000万ドルで、前月比17億5000万ドル増えた。国際通貨基金(IMF)の交換性通貨引き出し権利であるIMFポジションも7000万ドル増の26億7000万ドルを記録した。

一方、有価証券は18億2000万ドル減の3720億2000万ドルと集計された。IMFの特別引出権であるSDRも7000万ドルで、33億9000万ドルを記録した。

金は47億9000万ドルで変動はなかった。

6月末、韓国の外貨準備高の規模は世界第9位の水準だ。1位は中国で3兆1192億ドル、2位の日本の1兆3223億ドル、3位スイスの8312億ドルなどの順だ。

ファイナンシャルニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=014&aid=0004272008


韓国銀行で発表された外貨準備高のレポートからの記事でした。

参考 Official Foreign Reserves(July 2019)Bank of korea

 

レポートの中身はこちらに貼り付けたものですべてです。

有価証券は減少したが、預貯金は増加した。金は相変わらず変動なし…金にも相場というものがあるはずなのですがなぜ変動しない….

世界の中央銀行・公的機関の金保有量 ベスト100というサイトを見つけまして、2019年6月現在、韓国の中央銀行が保有する金は、104.45t保有しているそうです。金の相場はこちらのサイトを参考にしました。

現在、1kg=46317usdとのことで、韓国が保有している金の価値は、48億3781万USD…近い金額になりますね。

有価証券の内訳を知りたいのですが、韓国銀行に質問した人がいるのですが、ポジションなどは機密事項なので、内訳は教えることができませんという回答が掲示板に掲載されていましたし…

ちなみに、アメリカ国債は110億ドル程度保有しているよう。

 

他の国の外貨準備高も毎月ご紹介してくださる韓国銀行。

1USD=1200KRWとウォン安になってしまって、さらにウォン安が加速するような気配なので、外貨準備高が減ってしまう?

株式相場の話なので、関係ないかもしれませんが、8月2日のKOSPIは、外国人投資家は大量の売り注文を出し、機関投資家と個人投資家が買い注文をして支えているという展開でした。為替相場も同じ感じになるかもしれません。

 

韓国与党のシンクタンクは、日本との関係が悪化すればするほど、選挙では与党に有利になるというレポートがあるくらいですから、来年4月の選挙が終わるまでは、この路線を突き進むしかないかもしれませんw

クリックお願いします。

コメントを残す