【業績速報】SKネットワークス、将来のビジネスの成長で収益改善

SKネットワークス営業利益521億… 将来のビジネスの成長で収益改善

将来の中心事業の成長で収益改善

SKネットワークスは、今年の営業利益が前年同期比144.3%増の521億ウォンと集計されたと1日明らかにした。同じ期間の売上高は2%減の3兆3633億ウォンである。

SKネットワークス関係者は「世界の取引量の減少と原油価格下落の影響で売上高が昨年より減ったが、ホームケアとモビリティ中心の将来の中心事業が持続的に成長し、収益の改善を導いた」と説明した。

SKマジックは生活環境家電製品を次々発売し、昨年の同期間より18%増の168万アカウントを達成した。レンタカー事業では、SKレンタカーとAJレンタカーの内陸短期レンタルサービス統合の成果を創出し、AJレンタカー買収後のシナジーが現れ出した。

また、タイヤの販売量の増加と輸入車の整備活性化でスピードメイト事業が好調を見せ、ウォーカーヒルホテルのイベントの増加と客室占有率向上でホテル事業も業績の上昇を助けた。

SKネットワークスは、成長事業を中心とし事業ポートフォリオの構築を強化するとともに、事業別の消費者のニーズに応える商品とサービスを継続的に発表し、生存基盤を堅固にする方針だ。

デジタルタイムズ
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=029&aid=0002543925


SKネットワークは、1953年に織物会社として設立され、国内外のネットワークと物流能力を基盤に石油製品を中心のエネルギー流通、携帯電話を中心の情報通信流通、貿易業を営む会社です。

レンタカー、自動車整備などのCar Biz。ビジネス、キッチン家電や環境家電レンタル事業などの成長事業とウォーカーヒルホテルを運営する。情報通信事業は、子会社であるSKネットワークスサービスを通じて、SKテレコムとSKブロードバンドのネットワーク網運用、通信システム機器の流通など、さまざまなサービスを提供しています。

SKネットワークスの業績をまとめると以下のようになります。

四半期業績比較

単位:億ウォン 2019.2Q 2019.1Q QoQ 2018.2Q YoY
売上高 33,632 32,841 2.4% 34,323 -2.0%
営業利益 520 350 48.6% 213 144.1%
当期純利益 57 -52 -209.6% 6 850.0%

通期業績比較

単位:億ウォン 2019年 2018年 YoY
売上高 66,474 69,096 -3.8%
営業利益 871 458 90.2%
当期純利益 5 8 -37.5%

 

SKネットワークス公式サイト(英語)

コメントを残す