【速報】韓国、7月輸出前年比11%減少で8ヶ月連続前年同月比マイナス

7月の輸出461.4億ドル、前年比11%↓…8ヵ月連続の減少

輸出量増加したが単価下落の影響…半導体(-28.1%)、中国(-16.3%)の輸出減少続く

先月の輸出が8カ月連続で減少を記録した。輸出を支える半導体輸出が不振で、米中貿易紛争の深化と中国景気減速の影響も続いた。

1日、産業通商資源部が発表した7月の輸出入動向によると、先月の輸出額は461億4000万ドルで、前年同月比11%減少した。輸出増加率は、昨年12月にマイナスに転換した後、8ヶ月連続で減少を続けた。

輸出量は増えたが、輸出単価が下落したことが輸出の減少の原因である。先月の輸出量は、前年比2.9%増え増加傾向に転換した。1〜7月の累積輸出量も0.8%増加した。

しかし、単価が落ち半導体(-28.1%)、石油化学(-12.4%)、石油製品(-10.5%)などの輸出が振るわなかった。

自動車(21.6%)、車部品(1.9%)、家電(2.2%)など主力品目とバイオヘルス(10.1%)、化粧品(0.5%)、水産食品(8.7%)などの新輸出動力品目好調は続いた。特に自動車の輸出は4カ月連続で増加した。2017年5月以来初めてのことだ。

地域別では、中国(-16.3%)、アメリカ(-0.7%)への輸出は減少した一方で、EU(0.3%)、アセアン(0.5%)、独立国家共同体(CIS・14.5%)への輸出は増加した。

同じ期間の輸入は437億ドルで2.7%減少した。これによる貿易収支は24億4000万ドルで、90カ月連続の黒字を記録した。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0004257189


産業通商資源部のサイトを確認したのですが、まだ情報が更新されておらず、こちらのサイトも情報を追加する可能性があります。

情報が無いので、すでに発表されている関税庁の7月の輸出入動向のレポートを確認してきました。
参考 7月の輸出入動向韓国関税庁

 

こちらがレポートを翻訳したものになります。

輸出量が増えても単価が上がらないので、輸出額が増えないというのが産業通商資源部の見解のようです。操業に数が1日多いのに輸出額でこれだけ差があると輸出不振だと思わざるを得ないですね。。。

 

韓国の当初目標は輸出額6000億ドル(@500億ドル/月)だったのですが、7月末で3,174億ドル(@453.4億ドル/月)と目標達成はかなり厳しいようです。

2016年からの輸出入推移となります。

2017年・2018年よりは悪いのは事実ですが、2016年よりは良いので、発展はしていると思います。結局、2017年・2018年の半導体・石油化学の好景気で異常に良い数字が出てしまい、2019年が惨劇のように感じるだけかもしれません。

 

コメントを残す