日本輸入依存度90%以上の48項目… 輸出規制に経済成長の脅威

日輸入依存度90%以上の項目48個… 輸出規制に経済成長の脅威

日本の輸入依存度が90%以上である品目は48個であり、日本に対して劣位な産業が多く、輸出規制により、成長が脅かされることがあるという分析が出てきた。

現代経済研究院は28日、「韓日主要産業の競争力比較示唆点」報告書で、国連国際貿易統計HSコード6単位で分析した結果、昨年の日本の輸入依存度が90%以上である品目の総輸入額は27億8000万ドルと明らかにした。

HSコード6単位の基準によると、韓国が日本から輸入している品目数は合計4227つだ。輸入額基準で見ると鉱物性生産品の日本輸入額が10億9000万ドル、化学工業や関連工業生産が5億4000万ドル、プラスチックやゴムなどが5億1000万ドルだった。

依存度の基準としては、紡織用繊維などの輸入依存度は99.6%、化学工業や関連工業の生産が98.4%、車両・航空機・船舶の輸送機器関連品が97.7%であった。

昨年、日本の輸入依存度が50%以上である項目は253個で、これら品目の対日本輸入額は158億5000万ドルだった。

報告書はまた、韓日間の貿易特化指数(TSI)を分析した結果、韓国は、ほとんどの重化学工業で日本に対して遅れを取っており、半導体産業全体で見ると、最近の日本に対する競争力が急速に悪化し、韓国が日本に対して絶対劣位にあるとした。

半導体産業の対日本輸出額は、2000年31億7000万ドルから2018年12億4000万ドルで減少したのに対し、輸入額は42億9000万ドルから45億2000万ドルで小幅増加した。ただ、韓国のメモリ半導体産業は、日本には絶対優位を示した。

自動車産業は、日本に対する競争力が相当期間絶対劣位にいて、その格差も大きくなったことが分かった。 自動車産業の日本への輸出額は、2000年に約1000万ドルから2018年に3000万ドルに増加した。一方、日本からの輸入額は、2000年に4000万ドルから2018年12億3000万ドルで、30倍近く大きくなった。

報告書は「ほとんどの主力産業で日本に対する競争力は、劣位を抜け出せずにいる」とし「韓日交流において基本方針は、韓国、中国、日本の北東アジア経済圏の相互繁栄の追求でなければならない」と述べた。

毎日経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=009&aid=0004399858


現代経済研究院が発表するレポートはどこで手に入るのかサイトでは見つからないので、原本を読むことができませんでしたが、5社程度の記事には目を通しましたがほぼ同じことを言っていました。

 

まず、TSI(貿易特化指数)ですが…以下のような指標になります。

貿易特化係数は、国の輸出競争力を示す指標の一つで、「国際競争力係数」や「輸出特化係数」とも呼ばれ、ある品目の輸出額から輸入額を差し引いた純輸出額(純輸入額)を、その品目の輸出額と輸入額を足した総貿易額で割った数値(指標)をいいます。これは、通常、プラス1からマイナス1の範囲内にあり、プラス1に近づくほど外国に対する輸出競争力が強く、逆にマイナス1に近づくほど外国に対する輸出競争力が弱いとされます。その基本的概念は、プラス1の場合は「輸出に特化」、0(ゼロ)の場合は「輸出入均衡」、マイナス1の場合は「輸入に特化」となります。

一般に貿易特化係数は、国の産業の国際的な競争力の強弱を示す指標として、貿易統計などから主要産業について作成されます(例えば、輸出額上位の品目など)。また、本指標は、対世界や対アメリカ、対欧州、対中国、対アジアなど、地域毎に時系列のグラフで表示されることも多いです。なお、日本は、世界の中で貿易立国(輸出国)ですが、時代の変化や産業構造の変化、新興国の競争力向上などにより、産業(品目)によっては、本指標が大きく変化(競争力が低下)しているものもあります。 ifinance

つまり、(韓国のある品目の日本への輸出ー韓国のある品目の日本からの輸入)÷ (ある品目の日本への輸出+ある品目の日本からの輸入)という計算をして、プラスだった場合は韓国が優位にあり、反対にマイナスだった場合は、韓国が劣位にあるという評価をしています。

ここで別の記事で使われていた資料を用意しました。

表の見方は、上述の通りで、マイナスの場合は、韓国は劣位で、プラスなら韓国は優位ということになります。数字は1に近いほど相手に輸入or輸出で偏っていて、0に近いほど均衡していると言えます。

数字を見ると繊維・衣類以外は、日本が優位にあり、韓国が劣位にあると解釈できます。ただし、傾向としては、すべて韓国側が改善してきているものが多いというのも事実という解釈もできます。

次に、48項目・253項目とそれぞれの輸入額が出てきましたが、日本からの総輸入額の何%程度なのかを調べてみました。記事にない金額は韓国関税庁のデータからのものです。

  • 2018年日本からの総輸入額:546.0億ドル
  • 同年の90%以上を日本に依存品目輸入額:27.8億ドル (輸入額全体の5.1%)
  • 同年の50%以上を日本に依存品目輸入額:158.5億ドル (輸入額全体の29.0%)

韓国の輸入額全体に占める割合としても結構な大きさのようです。

 

依存度の基準としては、紡織用繊維などの輸入依存度は99.6%、化学工業や関連工業の生産が98.4%、車両・航空機・船舶の輸送機器関連品が97.7%であった。

韓国の経済欄でよく見かける企業(LG化学・SKイノベーション・現代自動車・起亜自動車・現代重工業・サムスン重工業・大宇造船海洋など)も依存度が高い品目をご利用になられているようですね。

 

韓日交流において基本方針は、韓国、中国、日本の北東アジア経済圏の相互繁栄の追求でなければならない

日本に切られると都合が悪いからこういうことを言っているだけのような気が…たぶん、韓国と日本の立場が反対だった場合、相互繁栄の追求とか言わなそうな気がしてならない。

 

どうせ日本製品の不買運動しているなら、こういう製品もすぐに不買運動した方が良いと思うのですよね。日本製品が少しでも入っているものは、絶対に使わない!!みたいな感じでやった方が良いのにw

 


クリックお願いします!

コメントを残す