【業績速報】GS建設、第2四半期営業利益前年比5.87%減

GS建設、第2四半期営業利益前年比5.87%減の2064億

第2四半期営業利益率8.0%で前年同期6.1%に比べ改善

GS建設は2四半期の営業利益が前年同期比5.87%減の2064億ウォンを記録したと26日、明らかにした。

GS建設は、売上高は28.13%減少し、2兆5740億ウォンと集計された一方、当期純利益は、0.24%増の1455億ウォンを記録した。

GS建設は第2四半期の売上高と営業利益が前年同期比減少したが、営業利益率と税引前利益率は、それぞれ8.0%、8.3%で、前年同期のそれぞれ6.1%、5.3%に比べて改善されたと説明した。

上半期累計の業績は、売上高は5兆1760億ウォン、営業利益3980億ウォン、税引前利益3910億ウォン、新規受注は3兆9730億ウォンだった。

上半期全体の営業利益率は7.7%で、前年同期(9.1%)に比べ減少したが、昨年上半期1200億ウォンの海外プロジェクトの払戻し金を除けば、実質営業利益率は昨年上半期7.2%から今年は7.7%に改善されたのである。

GS建設の関係者は、「収益性に基づい選別受注と競争優位事業の継続的な投資で、下半期も良好な経営成果を上げ、持続可能な成長を遂げていくだろう」と述べた。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=sec&oid=008&aid=0004254670


売上や利益金額は落ちたけど、利益率が改善されたからよかったと言いたいのでしょう。たぶん。

 

こちらでGS建設の過去の業績をご確認いただけます。

GS建設【企業基本情報】

コメントを残す