【業績速報】サムスンエンジニアリング、第2四半期営業利益前年比128%増

サムスンエンジニアリング、第2四半期営業利益前年比128%増の1000億

今年上半期全体営業利益2190億”化学工場プロジェクト安定事業遂行で実績改善の流れ”

サムスンエンジニアリングが2019年第2四半期の営業利益1000億ウォンを記録し、実績好調を続けた。

サムスンエンジニアリングは26日、暫定実績公示で今年第2四半期の売上高が前年同期比20.5%増の1兆6252億ウォンを記録したと発表した。営業利益は128%増加し、1000億ウォンと集計され、純利益は319.2%増の735億ウォンを記録した。

これにより、サムスンエンジニアリングは、今年の上半期の売上高2兆9770億ウォン、営業利益2190億ウォン、純利益1775億ウォンを達成した。

サムスンエンジニアリングは、主力の化学工場プロジェクト部門の安定したビジネスの遂行で原価率が改善され、前四半期に続き業績改善の流れが続いていると説明した。また、最近1〜2年の間、東南アジアMENA(中東∙北アフリカ)アメリカ市場で受注した良質のプロジェクトが本格的に業績に反映され、業績回復が続くと予想した。

サムスンエンジニアリングは下半期も収益性中心の”内実経営”基調を維持していく計画だ。海外受注でも、アメリカ、アルジェリア、マレーシアなどの戦略市場と石油化学、石油精製などの主力商品を中心に可視的な成果があると予想した。

サムスンエンジニアリングの関係者は「安定的な収益創出のための技術競争力確保の努力を継続する」とし「質的成長のための経営充実とリスク管理に力を集中する一方、良質の海外受注を通じて強固な実績改善傾向を続けていく」と述べた。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LPOD&mid=sec&oid=008&aid=0004254683


サムスングループの建設会社は、サムスン物産とサムスンエンジニアリングの2社存在します。サムスン物産は、住宅(マンション)の建設と道路などが強い印象があり、それに対して、サムスンエンジニアリングは、プラント建設がメインという印象があります。

サムスン物産サイト建設部門紹介ページ

サムスンエンジニアリングサイト

こちらからサムスンエンジニアリングの過去の業績をご覧にいただけます。
サムスンエンジニアリング【企業基本情報】

コメントを残す