アメリカ初の小型モジュール原発の心臓部を斗山重工業が造る

アメリカ初の小型モジュール原発の心臓部を斗山重工業が造る

アメリカ初の小型モジュール原発(SMR)プロジェクトに斗山重工業が主要機器を供給する。

斗山重工業は、米国原子力発電専門会社であるニュースケールパワー(NuScale Power)と原子炉モジュールと他の機器供給のための事業協力契約を締結したと24日明らかにした。原子炉モジュールは、ニュースケールパワーが開発した小型モジュール原発の重要な設備である。燃料を使用して蒸気を発生させる原子力蒸気供給システム(NSSS)に該当する。

昨日斗山重工業ソウル事務所で開かれた契約式には、ニュースケールパワーゾーンのホプキンス最高経営責任者(CEO)とナ・ギヨン原子力BG長などの関係者が参加した。ニュースケールパワーは、小型原発事業をリードする企業で、アメリカエネルギー省(DOE)の支援を受けて小型モジュール原発を開発中だ。電力会社UAMPSが2026年の商業運転を目指し、アメリカに建設する最初の小型原発プロジェクトに小型モジュール原発を供給する予定である。

斗山重工業は原子炉モジュールの一部と他の機器を供給する。今後、アメリカの後続プロジェクトと世界原発市場での事業拡大を考慮し、少なくとも12億ドル(約1兆4000億ウォン)規模の機材を供給する予定である。

また、ニュースケールパワーとの戦略的協力関係を強化するために、IBK投資証券など国内投資会社とともに、ニュースケールパワー株式への投資のための株式売買契約も締結した。国内投資会社と共に年内に4000万ドル規模の投資を行う計画だ。

ホプキンスCEOは「世界的に炭素排出をせずに、安全で安定的に供給可能な電力の需要が高まっている」とし「今後、ニュースケールパワーは斗山重工業の協力を通じて、市場の目の高さに合わせた画期的な技術を披露し、長期的なエネルギーソリューションを提供していくだろう」と明らかにした。

ニュースケールパワーは、来年9月に原子力規制委員会(NRC)から小型モジュール原発の設計認証を受けると見ている。小型モジュール原発は720㎿級で60㎿の出力を出す原子炉モジュール12基入る。安全性を大幅に向上したのが特徴である。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0004253001


 

コメントを残す