【業績速報】ポスコインターナショナル、第2四半期営業利益過去最高

ポスコインターナショナル、2Q営業利益1800億ウォン…「過去最高」

売上高6兆4188億ウォン、営業利益1800億ウォン…ミャンマーのガス田の販売および鉄鋼・食糧取引の利益の上昇

ポスコインターナショナルが23日、第2四半期暫定業績開示を通じて連結基準四半期の売上高6兆4188億ウォン、営業利益1800億ウォン、当期純利益1215億ウォンを記録したと発表した。

前年同期比営業利益は32.4%、当期純利益は216.7%増加し、過去最高の四半期営業利益と純利益を達成した。

半期営業利益も過去最高を記録し、6期連続の四半期売上高6兆ウォン以上を出すことになった。

世界的な保護貿易主義の拡散にもかかわらず、ミャンマーのガス田が好調で、鉄鋼・食料・化学・部品素材などのトレーディング部門の利益上昇とともに海外法人でも堅調な業績を示した。

特に、ミャンマーのガス田は、昨年11月に中国側ガス管の修復完了後、着実に販売量を伸ばしてきており、中国側の需要増加とともに義務買収(Take or Pay)による昨年未買収物量を追加供給し、1日平均5.9億立方フィートを販売した。

ポスコインターナショナルの関係者は「大変な対外環境の中でも、財務の健全性を強化し、売上高の質の改善の努力に基づいて、過去最高の実績を達成した」とし「下半期、ミャンマーA-3新規鉱区の探査掘削、食糧およびLNG事業バリューチェーンの強化など、将来の価値創出のための努力を継続するだろう」と述べた。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0004252431


もともとポスコ大宇という社名の商社でしたが、今年に入り社名を変更してポスコインターナショナルとなって初めての四半期で過去最高という嬉しい実績を上げました。
ポスコ大宇、社名変更のお知らせ ポスコインターナショナル【企業基本情報】

 

前期比鉄鋼部門の営業利益は減少したが、ポスコインターナショナルのミャンマーのガス田の販売および取引(グローバルインフラストラクチャ部門)の業績改善で8四半期連続1兆ウォン以上の営業利益を達成することになった。連結営業利益率は6.5%である。

ポスコの業績速報でこのような内容が掲載されていたのですが、ポスコインターナショナルの営業利益を見ると1800億ウォン程度ですが、ポスコ本体と他の連結子会社の営業利益は減少したのに、ポスコインターナショナルの営業利益は前年同期比で32%も増加したのですから、ポスコの連結営業利益1兆ウォン突破には相当貢献したとみるべきなのでしょう。

ポスコ業績速報
【業績速報】ポスコ、8四半期連続で連結営業利益1兆ウォン突破

 

コメントを残す