輸出8ヶ月連続のマイナス確実に。7月1〜20日輸出前年同期比13.6%↓

輸出8ヶ月連続のマイナス確実…7月1〜20日の輸出283億ドル・13.6%↓

7月の輸出状況も改善の兆しがない、昨年12月から始まった「8カ月連続マイナス」の可能性が大きくなった。

関税庁が22日に発表した「7月1〜20日、輸出入現状」によると、今月に入って20日までの輸出額は282億9700万ドルで、前年同期比13.6%減少した。

前月比でも10.3%(11億5300万ドル)減少した。20日までに輸出が減少傾向を継続することにより、今月の輸出もマイナス成長を続ける可能性が高まった。

輸入額は286億7100万ドルで、前年同期比10.3%減少した。 20日までに、貿易収支は3億7400万ドルの赤字を記録した。

操業日数を考慮した1日平均輸出額も17億1000万ドルで、前年同期比16.2%減少した。

今月に入って操業日数は16.5日で、昨年同期間より0.5多かったが、一日平均輸出額は減少した。

品目別にみると、半導体の輸出が弾力を失っている姿が歴然だった。半導体輸出は30.2%減少した。石油製品(-15.6%)、船舶(–24.0%)なども不振の沼から抜け出せなかった。

国別でも主力輸出対象国である中国への輸出が19.3%減り、米国(-5.1%)、EU(-12.3%)、日本(-6.6%)、中東(30.3%)などの主要対象国の輸出ほとんどマイナス成長を続けた。

一方、乗用車の輸出は19.5%増え、無線通信機器(7.2%)、家電製品(34.5%)などは増加した。

国別では、ベトナム(8.7%)、シンガポール(0.9%)などが増加傾向を示した。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004505186


関税庁が発表した”7月1日〜20日輸出入現状”からの記事です。
参考 7.1~20일 수출입현황関税庁

報告の詳細を確認していきましょう。

まず、7月の期間比較。

輸出は、前年と比較すると13.6%も減少してしまっています。8ヶ月連続前年比マイナスは確実ですが、半導体価格や需要が大化けしない限り、個人的には11ヶ月連続前年比マイナスまでは絶対に続くはずと考えています。

輸入も10%も減少していますが、貿易収支の赤字が少ないので、7月の貿易収支は最終的には黒字になると思われます。

 

次に、年度累計

輸出入の減少も気になるところですが、貿易収支が激減しているのが気になるところ。

ということで、昨年比で大きくマイナスになっているのはわかりますが、それ以前とも比較するとどうなるかを調べてみました。半期ごとの輸出・輸入・貿易収支を整理したところ以下のようになりました。単位は億USDになります。(資料:韓国貿易協会)


※クリックすると大きくなります。

これを見ると2017年・2018年の輸出はかなり良い印象を受けます。そこからの2019年なので、マイナスが大きくなるのも致し方なしかもしれません。半導体・石油化学の好況がそれだけすごかったと言えます。

グラフを見るのが面倒という方のためにデータテーブルもご案内

単位:億USD 輸出 輸入 収支
2010.上半期 2,213 2,038 175
2010.下半期 2,451 2,214 237
2011.上半期 2,736 2,582 154
2011.下半期 2,816 2,662 154
2012.上半期 2,750 2,641 109
2012.下半期 2,729 2,555 174
2013.上半期 2,765 2,565 200
2013.下半期 2,832 2,591 241
2014.上半期 2,832 2,633 199
2014.下半期 2,895 2,622 273
2015.上半期 2,685 2,223 462
2015.下半期 2,583 2,142 441
2016.上半期 2,412 1,931 481
2016.下半期 2,542 2,131 411
2017.上半期 2,791 2,342 449
2017.下半期 2,946 2,443 503
2018.上半期 2,967 2,656 311
2018.下半期 3,082 2,696 386
2019.上半期 2,713 2,521 192

という感じで、輸出・輸入の減少だけでなく、収支の減少も大きいことがわかります。

 

話を戻して、2019年7月20日までの品目・国別輸出前年同期比

船舶のマイナスなんて気にするようなものではなく、半導体・石油製品のマイナスを気にされた方が良いかもしれませんね。

 

続いて輸入

今まで、品目別輸入実績に半導体製造用装置の資料が必ず出ていたのですが、今回初めて消えました笑

見せると激減っぷりが大変なことになるので消したのでしょうか?どちらにしても韓国の輸出のキモになる原油の輸入・機械類などの減少から考えると2017年・2018年レベルの輸出入に回復するのは、しばらく先の話と言えそうです。

 

クリックお願いします!

 

 

コメントを残す