現代重工業労組、7月18日から部分スト実施

賃金団体協議難航現代重…18日から部分スト突入

会社の物的分割に反発してストライキに出た現代重工業労組(民主労総金属労組現代重工業支部)が、今回は、賃金・団体交渉の難航を理由にストライキに突入する。労組は18日午後2時から3時間ストに突入することにした。

現代重工業労組は17日、争議行為賛否投票の結果、全組合員1万296人のうち7043人が投票に参加し、6126人賛成(在籍比59.5%)で争議行為を可決した。これにより、労組は18日、3時間の部分ストに続き、19日に争議対策委員会を開き、ストライキ開始日付、部分・全面ストなど、今後ストライキ日程を確定する予定である。

現代重工業の労使は、5月初め賃金団体協議の顔合わせをしたが、後に労組が物的分割に反発してストライキを続けながら交渉すら行わなかった。16日、労使が再び交渉の場に向かい合ったが、賃上げや成果給支給などで意見の隔たりを狭めることができなかった。

毎日経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=009&aid=0004393995


現代重工業は、5月末に会社の分割を行いまして、韓国造船海洋(上場会社)と現代重工業(新設会社)に分割されることになりました。
現代重工業、世界1位の造船会社発足始動(今回の現代重工業の問題が丸わかり)

この分割実施のために、5月末に株主総会が実施されましたが、労働組合が総会の会場を封鎖するなど実力行使に訴えて、分割を阻止しようとしたのですが結局は分割が承認されました。(労組は分割を承認した株主総会自体が無効だということで争っています)
裁判所の決定を無視する現代重工業労組(民主労総) 現代重工業、会社分割案承認…労組’手続きが違法、無効だ’

上記の事情のため、こちらの現代重工業の基本情報と業績がご覧いただけるページのリンクですが、正しくは韓国造船海洋の基本情報と業績ということになります。
現代重工業【企業基本情報】 韓国造船海洋の新しいHPはこちらです。

韓国造船海洋は、損益計算書に出てくる業績に関しては、第1四半期に黒字となり、2018年の大幅赤字から回復を始めたと評価できますが、造船業の場合、受注から数年後に売上が計上されるため、業績を見るときは、損益計算書と同じくらい受注実績が重要になります。

そこで、今年の韓国造船海洋の受注実績なのですが…

  • 目標年間受注額:178.1億ドル
  • 第2四半期までの受注額:27.8億ドル
  • 達成率:15.6%

という実績で散々な状況ですが、労組はそんなの関係ないと言わんばかりに賃上げや成果給などを要求して、受け入れられないとストライキを行うという状況。

個人的に気になっているのがこの労組は、韓国造船海洋の労組なのか、それとも新設法人の現代重工業の労組なのかというところでして、韓国造船海洋は基本研究部門という扱いなので、労組の方は、新設法人の労組ということになるのでしょうか…組合は分割を否定しているの関係ないでしょうが…

 


クリックお願いします!

コメントを残す