サムスン電子、フッ化水素テスト着手

サムスン電子、日本代替フッ化水素テスト着手

  • 日経”脱日本化も”
  • 実際の適用までは数ヵ月かかる

サムスン電子が日本に輸出規制(事前許可制)に出た3つの主要素材のうち、半導体製造に不可欠なフッ化水素(エッチングガス)などの日本製に代わる製品を見つけるために他の国の製品のテストに入った。まだ実験室テスト段階なので、実際の生産ラインに適用できるかどうか判断できないが、日本の有力経済紙である日本経済新聞が「脱日本化」につながる可能性があるとし、急いで報道するなど敏感に反応している。

サムスン電子の関係者は16日「すべての可能性を考えて高純度フッ化水素など日本製に代わる素材を見つけるためにテストしている」とし「他の国の製品などについて様々な検討をしている」と述べた。

この関係者は「今はテスト段階なので、実際のラインに適用することができるかどうかを判断するのは難しい」とし「テストを経てラインに適用するという結論を出しても、少なくとも数ヶ月以上はかかると予想される」と付け加えた。

サムスン電子は、フッ化水素の日本製の他にも少量だが韓国・台湾・中国製などを使っていることが知られている。サムスン電子のテストは、実験室段階であると分析される。ここで、日本製から置き換えることができるという結論が出れば、試験ラインでのテストが行われ、その後、量産ラインでのテストなどを経るが、これが完了するまでに6ヶ月以上かかるというのが業界の分析だ。また、高純度フッ化水素と関連した日本の技術力が競争国より進んでいるため、どの程度の代替可能かどうかはまだ推定するのは難しいのが業界の見方だ。

日本は4日、半導体の生産に必要なフォトレジスト(PR)、フッ化水素、有機発光ダイオード(OLED)の生産に不可欠なフッ素ポリイミドなど3品目について、韓国に適用されていた「輸出簡素化優遇措置」を廃止し、事前の許可を受けるようにした。すべての半導体・OLED生産に重要な素材であるうえ、日本の依存度が高く、日本政府側の動きに応じて、サムスン電子、SKハイニックスなど国内企業の被害が予想されてきた。

PRは、光を受け入れるフォトレジストでウェハに光を放ち、回路の形を写真のように写し込む露光工程に使われる。フッ化水素は、ウェハを洗浄したり、回路を刻むために活用される。露光工程を通じてウエハに回路の形状を写し込んだ後、この形態に合わせて削り出して回路を形成する過程をエッチ(etch)と呼ばれ、ここで使われるエッチングガスがフッ化水素だ。韓国貿易協会によると、今年1〜5月のPRとフッ化水素の対日輸入依存度(全輸入うち日本の割合)は、それぞれ91.9%、43.9%であった。

サムスン電子側の動きを日経もこの日はすぐに報道した。同紙は、サムスン電子の関係者の言葉を引用し「サムスン電子が日本製ではないフッ化水素を半導体製造工程に活用するための品質試験に着手した」とし「サムスン電子側は、調達先を明らかにしないが、韓国・台湾・中国企業製品であると推定される」と伝えた。同紙は「実際のプロセスに活用するかどうかの判断までは2〜3ヶ月かかる見込みだが、結果によっては、韓国の半導体業界の日本離れにつながる可能性もある」と指摘した。現在、サムスン電子は、純度99.999%のフッ化水素をステラケミファ、森田化学、昭和電工などから調達している。

日経は、サムスン電子が日本政府の輸出規制の発表後、幹部職員を中国と台湾に送り、調達の可能性を打診してきたと伝えた。続いて、サムスン電子やSKハイニックスは、これまでフッ化水素調達先の多様化などを検討していなかったが、今回の輸出規制措置により、方針を変えたものと見られると付け加えた。

毎日経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=009&aid=0004393266


記事に出てきた日経新聞はこちらの記事のようです。
参考 サムスン、日本製以外のフッ化水素を試験 代替にらむ 日本経済新聞

調べてみたところ、日本製以外でも半導体の生産には、表向き問題ないと思いますが、純度の低いフッ化水素を使うと不良品が大量に出てくる可能性があるようで…つまり、不良品率が激増するということです。

ただでさえ、不良品問題が出るのに、日本製以外のものを使うと、さらに不良品問題が出る可能性が高くなるということになるのでしょう。
サムスン製サーバー用DRAM、200億円規模の不良品問題発生

フッ化水素は代替品が出てきたとしても、フォトレジストは無理みたいで一言も言及されていない。

 

ところで、韓国では、日本製品の不買運動が結構人気のようで…思わぬところでダメージを受けている韓国企業が…日本企業が韓国に進出するとき、ロッテと合弁会社を作ることが結構あるのですが、今回のことでロッテは結構イタイ目に遭っているようで…

こちらはロッテ持株会社の2019年の株価推移となります。


株価をみるとこんな感じで…年初からみると19.2%のDownで、7月1日からだと8.6%のDown

アンケートへのご協力お願いします。

 


クリックお願いします。

 

コメントを残す