韓国自動車業界、上半期の自動車生産・輸出「増加」

上半期の自動車生産・輸出「増加」…「新型SUV・エコカー販売↑」

  • 自動車202万8332台生産…前年比1.2%増加
  • 電気自動車・新型SUV販売が好調で輸出2.5%増加
  • エコカー販売台数内需・輸出ともに増加

今年上半期の国内自動車生産と輸出が昨年と比較して増加したことが分かった。

16日、産業通商資源部が発表した「韓国の自動車産業の動向」によると、今年上半期の自動車生産は202万8332台で、前年比1.2%増加した。

車種別にみると、昨年12月に発売された現代パリサーセードは4万4799台の生産された。キア・ソウルと双竜コランドはそれぞれ8万3886台、9012台の生産された。これは前年比22.4%、50.1%増加した数字だ。

今年上半期の自動車輸出は前年比2.5%増の124万6454だった。電気自動車などのエコカー(30.1%)と新型SUV(9.7%)を中心に販売好調を見せた。

地域別にみると、アジア(22.1%)、北米(21.3%)、東ヨーロッパ(17.4%)、アフリカ(16.5%)への輸出が増加した。逆に中南米(-23.7%)、中東(-20.9%)、オセアニア(-9.3%)、欧州連合(-0.9%)は減少した。

自動車の国内販売は、前年比3.7%減の86万7380台と集計された。特にアウディ・フォルクスワーゲン・BMWなど輸入車販売が21.8%減少した。国産車の販売は-0.1%減り、昨年と同水準を維持した。

今年上半期エコカー国内販売台数は、前年比30.4%増の7万142台と集計された。補助金、税制優遇など、政府のエコカー普及政策が拡大し、国内販売が増加したとみられる。電気自動車の走行距離の向上と充電インフラの拡充も消費者心理に肯定的な影響を及ぼした。

同じ期間エコカー輸出は30.1%増の11万2093台である。インフラ環境が良好な米国の温室効果ガスの規制強化政策を実施する欧州連合を中心に国産エコカー輸出好調が持続しているという分析も出ている。

今年上半期の自動車部品の輸出額は、前年比2.3%減の113億2000万ドルである。

newsis
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=003&aid=0009346208


産業通商資源部の”2019年上半期と6月の国内自動車産業の動向”からの記事となります。
参考 2019年上半期と6月の国内自動車産業の動向産業通商資源部

昨日、現代自動車の上半期の業績に関するニュースをご紹介しました。
現代自動車ロゴ現代自動車、販売目標達成”赤信号”

記事で上半期の販売台数が掲載されていました。カッコ内は前年同期比
現代自動車 2,127,611台(-5.1%)
起亜自動車 1,353,011台(-2.4%)
ともに前年同期比でマイナスでした。

このことを踏まえて、産業通商資源部のレポートをご覧いただければと思います。

 

まずは、自動車産業全体の業績から…

ほぼ記事に中に出てきていますが、目立った増減は、輸入車の販売減少でしょうか。

 

メーカー別の生産状況ですが、現代自動車・起亜自動車は、全世界の販売台数はそれぞれ減少していますが、”韓国国内”での生産は増加しています。ルノーサムスンの減少は目立ちますが、ストライキやっていたから仕方なしと言ったところ。10月以降のお仕事ができると良いですが。。。

 

現代自動車と双竜自動車の2社が前年比で増やして、他3社は軒並み減少。

 

輸出を見ると現代自動車・起亜自動車ともに増加しています。特に起亜自動車は生産台数が増加しているにも関わらず、国内販売が減少しているなら、輸出が増加していないとおかしいですから、これだけ大きく増加していないと在庫増やしただけということですから….

  • 現代自動車:国内販売/増加 海外輸出/増加 →全世界販売台数減少
  • 起亜自動車:国内販売/減少 海外輸出/増加 →全世界販売台数減少

ということは、海外のどこかの国の工場で生産されたものが販売不振だったのでしょうねぇ〜〜ということになり、それが現代自動車・起亜自動車ともに中国ということになるようです。他には記事にある中南米・中東も現代自動車・起亜自動車の販売が不振ということでしょうか?

詳しくは、同じ記事を再度ご紹介しますが、こちらの記事をご覧ください。
現代自動車ロゴ現代自動車、販売目標達成”赤信号”

 

メーカー別の販売台数(赤字は日本メーカー)

日本製品不買運動が始まった7月から日本車の販売はどうなるのか注目です。

 

韓国の証券会社の予想では、次の日本の輸出規制は、自動車業界と機械業界みたい。本当にそうなると、労働組合の邪魔だけでなく、製造機械がないために、せっかく人気の新車の生産ができなくなるかもしれませんね。


クリックお願いします。

 

コメントを残す