韓国企業の信用低下始まるS&P警告

韓国企業の信用低下始まるS&P警告

  • 半導体·自動車など輸出産業
  • 今後1〜2年間困難に直面
  • 上場企業の短期流動性赤信号
  • 揺れる企業信用

世界的な信用格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は10日、韓国の200大企業の信用度が、しばらく否定的な流れとなるだろうと警告した。 S&Pは、このような見通しの3つの理由として、国内企業の厳しい経営環境、積極的な投資・財務政策、規制リスクを挙げた。

この日、S&Pは「高まる信用リスクに直面した韓国企業」報告書で、「世界的な需要の鈍化と貿易紛争の深化が、最近の韓国企業の業績低下となった」とし「今後12ヶ月間、韓国企業の信用度負担が続くだろう」と明らかにした。そして、S&Pは「輸出依存型産業である半導体、スマートフォン、自動車、製油・化学産業は、今後1〜2年間は難しい経営環境に直面するだろう」と明らかにした。

S&Pは「このような流れを反映して、昨年末から一部の韓国企業の信用格付けと見通しを下方修正した」とし「今年に入って韓国企業の信用格付けや格付けの見通しが上方修正されたものは1つもない」と付け加えた。また、S&Pは、我々の経済について「電子部門を中心に高い在庫水準と世界貿易をめぐる不確実性の高まりが生産と民間投資の継続負担を与えているうえ、労働市場が比較的脆弱で消費弱体化につながっている」とし、今年成長率見通しを従来の2.4%から2.0%に下方修正した

この日毎日経済が今年第1四半期有価証券市場に上場する売上上位100社の流動比率を調べた結果もS&Pの警告を裏付けている。大手3社のうち1社の流動比率が100%未満として現れ、短期流動性危機に直面していることが分かった。流動比率は1年以内に現金化することができる資産(流動資産)を1年以内に返済する債務(流動負債)で割った値である。この比率が100%未満であれば流動化資産よりも短期債務がより多いことを意味的に短期の流動性が悪化したことを意味する。2015年第1四半期ベースでは、分析対象の26%が流動比率100%未満であった。2017年第1四半期に28%に上昇し、今年第1四半期に、この比率が31%に上昇した。

毎日経済
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=009&aid=0004389714&date=20190710&type=1&rankingSeq=7&rankingSectionId=101


これだけ悪い内容の話が書いているのに、経済成長率の見通しが2.4%から2.0%程度の下方修正に止まっているというのがすごいと思うところです。

流動資産が100%を下回っている企業が31%というのはひどいですね。。。100%を下回るということは資金繰りが厳しいということですから、大企業なのに短期借り入れを繰り返して資金を回すとかしているのでしょうか?


こちらのグラフは、この記事に付いていた資料なのですが、上述の売上上位100社の”流動負債”の残高推移です。各期間の流動負債の増加額は以下の通りです。

  • 2015年4月〜2016年3月:64.9兆ウォン
  • 2016年4月〜2017年3月:41兆ウォン
  • 2017年4月〜2018年3月:14.6兆ウォン
  • 2018年4月〜2019年3月:45.8兆ウォン

好景気が続くと思って、借入を増やしたのか。会社がどうにもならないから短期借入を増やしたのか。売上が増加したから、自然と負債全体が増えたのか。。。この数字だけではわからないところですが、流動比率100%を切っている企業が31%もあるということからすると経営が厳しいという理由で負債が増えた会社も一定数ありそうです。

 

日本を非難し続けても韓国の景気が回復することはなさそうです。

 

 

 

コメントを残す