産業部「戦略物資の摘発実績報道、韓輸出統制制度が透明である証拠」

産業部「戦略物資の摘発実績報道、韓輸出統制制度が透明である証拠」

産業通商資源部は10日、日本のフジTVが報道した戦略物資の摘発の実績は、韓国の輸出統制制度が効果的で透明に運営されている証拠だと明らかにした。

産業部はこの日報道説明資料を出し、韓国で過去4年間の戦略物資の密輸が増加したというフジTV報道と関連した事実関係と政府の立場を説明した。

フジTVは韓国のあるマスコミ報道を引用して「韓国で過去4年間、兵器に転用可能な戦略物資の密輸が156回も摘発された」、「日本の関係者は’輸出規制違反事件がこのように多く摘発されたために、韓国政府がこれまで公表しなかったことに驚き、韓国をホワイト国(安保保障友好国)として扱うことは難しい’とコメントした」と伝えた。

産業部は「フジTVの資料は、韓国政府が戦略物資無許可輸出を摘発した実績に関するもの」とし「昨年5月ジョ・ウォンジン国会議員室から年度別戦略物資無許可輸出摘発と措置の現状を要求され、提出したもの」と述べた。

産業部は傘下の戦略物資管理院の「年次報告書」を通じて戦略物資無許可輸出摘発と措置の現状を毎年透明に公開している。また、国政監査などを通じて詳細を頻繁に国会に提出している。

産業部は、外国の事例を例に挙げて戦略物資輸出統制先進国である米国は、無許可の輸出摘発実績と主な事例を公開しているが、日本は韓国とは異なり、全摘発件数も公開しておらず、いくつかの摘発事例だけを選別して公開していると紹介した。

産業部は、フッ化水素と関連しても「日本側の日本製フッ化水素の北朝鮮搬出疑惑提起に基づいて9日産業部長官が発表したように、最近日本から輸入したフッ化水素が北朝鮮に流出したいかなる証拠も発見されていなかった」とし「記事に記載されて摘発リストに含まれているフッ化ガス関連無許可輸出事例は、いくつかの国内企業が国連安保理決議の制裁対象国ではなく、アラブ首長国連邦(UAE)、ベトナム、マレーシアでの関連製品を許可なく輸出したことを韓国政府が摘発した事例であって、日本製フッ化水素を使用したものではない」と説明した。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004499433


ようやく時間が取れるようになりました。全然韓国ニュースの経済欄を見ることができず、振り返ってさっと見直すと、6月の輸出も散々・サムスンの第2四半期の業績も散々・失業率も過去最悪という韓国経済のようですが、経済欄が政治欄に変わったかのように日本関係の記事が登場しています。

この記事を読むと…結局、北朝鮮に搬出したというのなら証拠を出せと言いたいような論調で…

 

産業部「戦略物資の摘発実績報道、韓輸出統制制度が透明である証拠」

ということなのですが、それほど摘発されるということはそれ以上に闇に消えているという証拠でもあったりなかったり….もしくは過去4年で急増しているということはそれ以前はザルだったという証拠でもあったりなかったり…

この件について、日本側からのお問い合わせに対して完全無視を決め込まずに、韓国側は具体的にどこに流れたかをしっかり提示すれば良かったと思うのですが…。お問い合わせをしていたみたいですし。。。

 

 

コメントを残す