SKハイニックス、世界初128段4D NAND型の量産開始

SKハイニックス「128段4D NAND型」世界初量産

SKハイニックスが世界初の128段1Tbit TLC(Triple Level Cell)4D NAND型フラッシュメモリー半導体を開発して量産に入ると26日明らかにした。昨年10月に既存の3D(3次元)NAND型製品から一段階進化した96段4D NAND型の開発に成功した後、8カ月ぶりの快挙だ。

Money Today
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=008&aid=0004238840&date=20190626&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=101


韓国で速報として配信されているSKハイニックスのニュースです。決算関係以外で、SKハイニックス単独のニュースを久しぶりに見たような気がします。

元ネタはSKハイニックスのHPにございました。リリース本文は英語と韓国語のものがありましたので、英語のものをご用意いたしましたので、半導体にご興味のある方はご覧いただければと思います。
参考 SK hynix Starts Mass-Producing World’s First 128-Layer 4D NANDSK Hynix

この発表後にSKハイニックスの株価がちょっとばかり値上がりしています。

 

 

 

コメントを残す