ポスコ「二次電池材料研究センター」設立

ポスコ「二次電池材料研究センター」設立…新成長事業に速度

  • 高容量正・負極材製品
  • 核心素材技術開発など推進

ポスコグループがグループ内の二次電池素材の研究開発(R&D)能力とインフラを結集した「二次電池材料研究センター」を設立した。世界の二次電池材料市場をリードして製品開発能力を強化するためだ。

ポスコ、RIST(浦項産業科学研究院)、ポスコケミカルは25日RIST浦項本院実験棟で、ポスコグループの二次電池材料研究センターの開所式を開き、二次電池の正極材、負極材の研究開発のための運営を開始したと発表した。

この日の開所式には、キム・ジョンシク浦項市環東海未来戦略本部長、ユ・ソンRIST院長、ミン・ギョンジュン、ポスコケミカル社長、ポスコ新成長部門の役員など100人余りが参加した中で、センターの運営計画報告、主な研究内容の紹介などの順で行われた。

二次電池材料研究センターの研究員は、RISTとポスコケミカルの研究者を集めて合計85名で構成されている。今後、継続的に人員を増やして技術開発力を強化する計画である。

二次電池材料研究センターでは、電気自動車の走行距離の増大のための「高容量正・負極材製品」の開発とバッテリーコスト競争力を高めることができる「電池素材新工程技術」の開発、次世代電池のための「核心素材技術」の開発を推進することになる。

センター内には、パイロット規模(試験規模)の正・負極材の製造設備と電池の製造・評価一貫設備が構築される。これを活用して新製品、新技術の開発期間を短縮させることができると期待される。また、製品企画、製品開発、開発された製品が適用された電池の性能評価まで行うことにより、電池会社のニーズに先回りして対応することができるものと思われる。

ポスコケミカル関係者は「ポステック(POSTECH)、浦項加速器研究所など国内・外最高の研究機関、専門家との共同研究も推進する計画」とし「二次電池材料分野において超格差、競争力を実現することができます根底を用意する方針」と述べた。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=277&aid=0004490382


ポスコは、以前から二次電池関係の原材料の確保や材料開発に注力する方向性が示されていたので、ある意味当然の流れといった所でしょうか。

ポスコの今後の方向性に関する記事です。
POSCO、鉄鋼来年も「二重苦」…新成長事業に総力

ポスコと子会社のポスコケミカルの会社情報はこちら。
POSCO【企業基本情報】 ポスコケミカル【企業基本情報】旧ポスコケムテック

コメントを残す