6月1日〜20日輸出前年比10%減…半導体24.3%減

6月1〜20日、輸出10.0%↓…貿易収支は6.7億ドルの赤字

関税庁「6月1〜20日、輸出入現状」…半導体輸出前年比24.3%の減少

 

今月20日までの輸出額は272億700万ドルで、1年前の同じ期間より10.0%減少したと関税庁が21日発表した。昨年12月に始まった輸出減少が今月も続く可能性が大きくなった。

品目別にみると、半導体の輸出が24.3%減少した。石油製品、自動車部品の輸出もそれぞれ22.4%、5.5%減少した。一方、乗用車、無線通信機器、船舶の輸出はそれぞれ19.6%、10.5%、20.6%増加した。

国別では、最大の貿易相手国、中国を対象とする輸出が20.9%減少した。ベトナム(-3.1%)、日本(-7.5%)、中東(-28.5%)に向けた輸出も減少した。米国(3.3%)、欧州連合(0.3%)への輸出は前年より増加した。

同じ期間の輸入額は前年比8.1%減の278億8300万ドルだった。これにより、貿易収支(輸出 – 輸入)は、6億7600万ドルの赤字だった。品目別では、半導体輸入が12.6%増加した。原油(-15.8%)、半導体製造用装置(-40.7%)、ガス(-25.9%)、乗用車(-21.4%)、輸入は減少した。

Money Today
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=008&aid=0004236627


関税庁が発表した「6月1〜20日、輸出入現状」からの記事です。
参考 ’19년 6월 1일 ∼ 6월 20일 수출입 현황関税庁

以下、レポートの内容をまとめたものをご紹介します。

 

輸出入概要

まずは期間比較から、

輸出は、前年比10%減を月末までに巻き返せるとは思えないので、6月も前年比マイナス確定で7ヶ月連続になります。予想では間違いなく9月までは前年割れが続くと思いますが…

 

こちらは累計。貿易収支が前年比で41%減少してしまっています。輸出で成り立っている国なので、貿易収支赤字は避けたいところですが、少なくとも今年赤字になるということはなさそう。

 

輸出

半導体と石油製品の前年割れはもはや定番となっています。

 

輸出相手国1位の中国が前年同月比20.9%減が衝撃的に痛いところ。

 

 

輸入

半導体輸出が前年より増加するためには、まず半導体製造用装置が前年より増加しなければなりませんが、こちらの図のように40.7%減ですから、半導体輸出が前年よりも良い成績になるのはまだまだ先のようです。

 

 

貿易に関しては、まだまだよくない成績が続きそうですねぇ〜〜

 

コメントを残す