韓国家計負債の規模GDPに迫る···借金返済の負担大きく

韓国家計負債の規模GDPに迫る···借金返済の負担大きく

国内総生産(GDP)に迫る家計負債を他の国と比較して見たとき、増加速度がいまだに急なことが分かった。

8日、国際決済銀行(BIS)によると、昨年末GDP比家計負債比率は97.7%で、1年前より2.9%ポイント上昇した。

この増減幅はBISが調査した43の国のうち中国(3.8%)に次いで、2番目に大きな数値だ。経済規模に比べて家計負債の増加速度がそれだけ速かったという意味だ。

昨年末の不動産安定化対策が本格施行されたが、家計負債の増加速度を遅らせるレベルだったという評価が支配的だ。

昨年10月末から総負債元利金償還比率(DSR)が管理指標として導入され、11月には、韓国銀行が基準金利を引き上げた。主な対策が発表された昨年9月末以降でも3ヶ月間でGDP比家計負債比率は0.8%ポイント(96.9%→97.7%)上昇した。

GDP比家計負債比率は、昨年第1四半期末95.2%、第2四半期96.0%、第3四半期96.9%を記録したのに続き、第4四半期も上がった。韓国よりこの比率が高い国は、スイス(128.7%)、オーストラリア(120.3%)、デンマーク(115.4%)、オランダ(102.0%)、カナダ(100.7%)、ノルウェー(99.9%)の6カ国に過ぎない。

一方、所得に対する負債の負担も急速に増えた。

BISが算出した昨年末、韓国の家計部門総負債元利金償還比率(DSR)は12.7%であった。家計の所得に対する元利金償還負担を示す指標である。

韓国の家計部門DSRはデータが集計された17カ国のうち6位を記録したが、昨年の同じ期間に比べ上昇幅は0.6%ポイントで全体1位であった。

昨年とは異なり、今年第1四半期に入ってから、家計負債の増加スピードがやや減速した状況である。韓銀によると、第1四半期の家計負債は1,540兆ウォンで、前年同期比4.9%増にとどまった。増加率は2004年第4四半期の4.7%以来最も低かった。

ただし、家計負債の増加速度が昨年の名目国内総生産(GDP)成長率の3.0%よりも高く、経済成長よりも速く増加したことが分かった。

ソウル経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=011&aid=0003566872


BISが6月4日に発表した直近のGDP比家計負債比率などからの記事です。リンクは元ネタがある場所になります。
参考 About credit statisticsBIS

リンク先の資料から以下の表を作りました。

GDP比家計負債比率一覧

2017年2018年前年増加幅
スイス127.9128.70.8
豪州121120.3-0.7
デンマーク116.5115.4-1.1
オランダ 105.4102-3.4
カナダ100.4100.70.3
ノルウェー101.599.9-1.6
韓国94.897.72.9
ニュージーランド92.3941.7
スウェーデン88.288.60.4
英国8687.11.1
アメリカ合衆国77.876.3-1.5
香港70.572.21.7
タイ68.868.80
ポルトガル69.166.9-2.2
フィンランド6766.4-0.6
ルクセンブルク66.666.3-0.3
マレーシア66.366.30
ベルギー60.360.80.5
フランス58.660.11.5
スペイン61.158.9-2.2
日本57.258.10.9
シンガポール56.454.7-1.7
ドイツ 52.752.90.2
中国48.852.63.8
ギリシャ56.352.6-3.7
オーストリア49.548.8-0.7
チリ43.645.41.8
アイルランド47.743.2-4.5
イスラエル41.841.90.1
イタリア40.940.3-0.6
ポーランド3535.20.2
南アフリカ共和国33.133.60.5
チェコ31.632.30.7
ブラジル27.328.20.9
コロンビア26.96826.9770.009
ハンガリー18.817.9-0.9
ロシア15.817.21.4
インドネシア17170
メキシコ16160
トルコ17.114.8-2.3
サウジアラビア12.811.6-1.2
インド10.811.30.5
アルゼンチン6.96.6-0.3
確かにGDP比家計負債比率が韓国は上から7番目で、増加幅は中国の3.8%pに続いて2番目です。減少に転じている国が散見されるので、増加幅が大きい中国・韓国は目立ちます。中国の場合、PDP比家計負債比率自体が52.6%でそれほど高くないので問題がないのかもしれません。

DSR一覧

 20172018増減幅
オーストラリア15.415.60.2
オランダ16.215.4-0.8
ノルウェー15.115-0.1
デンマーク15.314.7-0.6
カナダ1313.30.3
韓国12.112.70.6
スウェーデン11.511.3-0.2
イギリス9.49.3-0.1
アメリカ7.97.90
ベルギー7.67.5-0.1
フィンランド7.27.1-0.1
日本6.86.80
ポルトガル6.76.6-0.1
スペイン6.76.5-0.2
フランス6.26.30.1
ドイツ6.16-0.1
イタリア4.34.2-0.1
家計の所得に対する元利金償還負担を示す指標であるDSRのデータが集計された17カ国のうち、昨年の数字と比較してDSRが増加した国が4カ国しかなく、一番増加したのが韓国ということがわかります。

ちなみに10年前の2008年と2018年を比較して、DSRが増加した国も4カ国しかありません。
・韓国:1.2(11.5→12.7)
・ベルギー:1.0(6.5→7.5)
・カナダ:0.5(12.8→13.3)
・フランス:0.3(6.0→6.3)

この2つの指標とも上位に来ているのが、カナダと韓国の2カ国なのですが、韓国よりもカナダの方が指標の数字が悪いのですが…カナダもヤバイということでしょうか?

 


クリックお願いします!

コメントを残す