サムスン電子、中国最後のスマートフォン工場でリストラ開始

サムスン電子、中の最後のスマートフォン工場恵州での人員削減を開始

  • 中国メディア「希望退職者14日まで受付」
  • サムスン電子「スマートフォン市場の減速に伴う措置」と認める
  • 昨年深圳・天津工場閉鎖続き恵州まで削減

 

サムスン電子は、中国広東省恵州スマートフォン製造工場で人員削減を始めた中国経済メディアが5日(現地時間)報道した。

報道によるとサムスン電子は販売不振の影響で、恵州工場で会社を辞めたいと申請する従業員に補償金を支給する希望退職申請を14日まで受け付けることにした。人員削減の規模は報じられていない。

サムスン電子は、中国の人件費が上昇し、生産コストの負担を感じるうえ、HuaweiとXiaomi、OPPOなど地元企業の成長に伴う競争の激化などにより、人員削減を決定したことが分かった。実際、昨年の中国市場で、サムスン電子のシェアは0.8%にとどまった。5年前の2013年にはシェアは20%に達していた。

サムスン電子も「中国現地スマートフォン市場の成長鈍化による措置」と削減措置を認めた。

サムスン電子はすでに昨年4月の深圳工場を閉鎖した後、同年12月に天津工場の稼働も停止した。当初天津工場だけ撤収し恵州工場はそのまま維持すると発表したが、恵州も削減が開始された以上、サムスンが事業から撤退したり、事業を縮小するだろうという見通しも出ている。

工場の従業員によると、すでに3月から恵州工場の新規採用が中断され、工場をベトナムへ移すという噂が流れた。ただし恵州工場の責任者は、閉鎖計画は聞いたことがなく、工場は通常動作中であると述べた。

サムスン電子は、1992年に恵州工場を開設し、2006年からスマートフォンを生産してきた。 2017年基準で、この工場は6000人を雇用し、6257万台のスマートフォンを生産していた。

edaily
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=018&aid=0004395190


サムスン電子のスマホ部門は中国からは完全撤退ということになるのでしょうか…
サムスン電子スマホ部門は、現在インド市場を熱心に攻略しているように感じますが、インドのシェア1位はXiaomiで、サムスンは2位。
参考 India Smartphone Market Share: By QuarterCounterpoint

 

実際、昨年の中国市場で、サムスン電子のシェアは0.8%にとどまった。5年前の2013年にはシェアは20%に達していた。

昨年の前半まではシェア一覧に入れてもらえていたのですが、昨年後半からは”その他”に転落しています。
参考 China Smartphone Market Share: By QuarterCounterpoint

 

工場の従業員によると、すでに3月から恵州工場の新規採用が中断され、工場をベトナムへ移すという噂が流れた。

サムスン電子は以前からベトナムでスマホの生産をしているので、ベトナムで生産した方が良いと思います。話は全く違いますが、LG電子は人件費の高い韓国での生産を諦めベトナムで生産することを決めましたし。
LG電子、韓国国内でのスマホ生産中止

 

 

クリックお願いします

コメントを残す