4月の経常収支、6.6億ドルの赤字

4月の経常収支、6.6億ドルの赤字…7年ぶりに黒字終わる

韓国の経常収支が7年ぶりに「赤字」に転じた。年末決算法人の配当支払いが集中して、経常収支の赤字を予想した市場の見通し通りの結果となった。

ただし、経常収支の赤字が基調として続く可能性は高くない。4月以降は、配当支払いの要因が減少するためだ。しかし、最近激化する米中貿易紛争の流れなどによって、貿易収支が悪化した場合には、単月で経常収支が赤字になる可能性はある。

 

7年ぶりに経常収支赤字

韓国銀行が5日に発表した「2019年4月の国際収支(暫定)」によると、4月の経常収支は6億6000万ドルの赤字を出した。

2012年4月に1億4000万ドルの経常収支赤字を記録して以降、84ヶ月ぶりの赤字だ。2012年当時は、ヨーロッパ諸国の財政危機により、EUへの輸出が減り、経常収支が赤字を出した。

経常収支の構成要素の中では、第一次所得収支が最大幅の赤字を出した。

4月の第一次所得収支は43億3000万ドルの赤字だった。前月(7億4000万ドルの赤字)に比べて赤字幅が大幅に拡大したのである。ただし、前年同期の56億2000万ドルの赤字に比べ赤字額は減少した。

特に、第一次所得収支の配当所得収支が49億9000万ドルの赤字を記録した影響である。歴代3位の赤字規模だ。

韓国銀行は、季節的に年末決算法人の配当支払いが集中した影響と分析した。実際配当所得の支払いが67億8000万ドルで過去2番目に多かった。

経常収支の赤字転換には季節的な要因貿易収支黒字規模縮小も影響を及ぼした。これまでは、4月に季節的に配当が大きく拡大したが、それ以上の貿易収支黒字で赤字は避けられていた。

4月の貿易収支は56億7000万ドルの黒字を出した。3月の84億7000万ドル、昨年4月の96億2000万ドルの黒字に比べて縮小したのである。

輸出は4月483億ドルで、前年同月比6.2%減少した。5カ月連続減少となった。半導体単価の下落と世界貿易不振の影響である。

反対に輸入は426億3000万ドルを記録し、前年同月比1.8%増加した。4ヶ月ぶりに増加に転換したのである。原油価格など原材料の輸入価格上昇の影響である。

サービス収支の場合、赤字幅が縮小した。4月のサービス収支赤字は14億3000万ドルで、2016年12月6億6000万ドル以来28ヶ月ぶりに低い水準の赤字を記録した。

利子所得収支の場合、7億5000万ドルの黒字を出した。

 

5月は再び黒字転換

韓国銀行は、4月の経常収支の赤字は季節要因による一時的な現象とみている。

パク・ヤンス韓国銀行経済統計局長は「4月の経常収支赤字は、配当の支払いが一時的に行われる季節的要因に起因する」とし「季節調整経常収支は33億6000万ドルの黒字を記録した。一時的な要因によって影響を受ける毎月の変動より、基調的な流れを見なければならない」と指摘した。

したがって、5月には経常収支が再び黒字に転じるものと予想される。

パク局長は「5月には経常収支が黒字になる可能性がとても高い」とし「今年4月のような季節的な要因の50億ドル規模の配当誘引が消えるからだ」と指摘した。

5月の輸出が不振にもかかわらず貿易収支規模を予測できる船舶を除いた貿易収支は11億4000万ドルを記録した。4月の船舶を除いた貿易収支13億3000万ドルに比べて小幅少ない水準である。4月の貿易収支は56億7000万ドルの黒字であることを考慮すると5月も50億ドル前後の貿易収支黒字の可能性がある。

このように5月の経常収支が反発するとしても、安心することはできない状況である。激化の様相を見せる米中貿易紛争が韓国の貿易収支を縮小させる可能性があるからだ。両国間の貿易紛争がさらに悪化すれば、今年の経常収支見通しである665億ドルの達成が難しくなることもある。

韓国銀行関係者は「米中貿易紛争が激化すると、貿易収支がさらに減ることになる。(貿易紛争が)どのように扱われるかが重要である」とし「上半期の経常収支見通しが245億ドルであるが、弱まる傾向がある。見通しに比べて、経常収支が悪くなることもある」と述べた。

一方、資本流動を示す金融アカウント純資産(資産 – 負債)は、4月に3億8000万ドル増加した。

ファイナンシャルニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=014&aid=0004240169


韓国銀行が発表した「2019年4月の国際収支(暫定)」からの記事。(リンク先:韓国語)
参考 2019년 4월 국제수지(잠정)韓国銀行

先月からすでに経常収支の赤字は予想ができていたので、今日、正式な発表がありましたがそれほどの衝撃を受けていない模様…ただ、これが続くと衝撃が増すと思いますが、韓国銀行担当者のおっしゃる通り一時的な現象で長期的に続くようなものではないかなと思います。

 

さて、まずは、2015年1月からの経常収支推移をご覧ください。資料は例のごとく韓国統計庁(リンク先:韓国語)から。

経常収支でみると半導体・石油化学が超好況だった2017年・2018年よりも、そのような話が全く出たこともなかった2015年・2016年の方が数字だけは良いというのが印象的。

同時の経常収支に大きな影響を与えている輸出入推移を見てみると輸出と輸入の差が2018年10月以降縮まっているのがわかります。結局、2015年・2016年と比較して輸出も多くなったが、輸入も多いので収支でみると以前の方がよかったということでしょう。

続けて、例によって韓国銀行が発表したレポートの資料をご紹介します。

経常収支

輸出などは良いとして、サービス収支の旅行の赤字減少は気になります。韓国人は日本人以上に海外旅行大好きでLCC各社どこも昨年は好業績をあげていました。

しかし、4月まで18億ドル赤字が減少したということですので、それだけ海外旅行にお金を落とさなくなったということです。しかし、相変わらず日本に多くの方が観光で来ていますが、それはLCCが日本旅行を目玉商品にしていることも影響しています。

輸送の赤字も輸出が減少したために赤字が減少したとも言えます。

 

金融勘定・資本収支

直接投資[資産]の増加(4ヶ月で52.5億ドル増加)は韓国企業の海外への投資を増やしたと理解でき、反対に直接投資[負債]の減少(4ヶ月で20.9億ドル減少)は外国企業が韓国への投資を減らしたと理解できますので、韓国での投資は魅力がないということに思われますが…

 

輸出

輸出については、何(品目)をどこ(国)に輸出したかが整理されています。

品目でみると半導体の1月から4月までの輸出額の減少分が同期間の輸出総額減少分の56%を占めており、電気・電子製品の輸出減少分は、輸出総額減少分の84%を占めていることから考えると、半導体ショックはことのほか大きいと言えます。

 

 

 

輸入

輸出の半導体は、輸出額が減少しているのに、輸入の半導体の輸出額が増加するというちょっと皮肉な状況も…なので、サムスン電子・SKハイニックスの両社がメモリ半導体だけからの脱却を目指すのもわかるような気がします。

 

 

今日はこの資料を作るので疲弊しました…

 


クリックお願いします!

コメントを残す