ネクソン買収本入札、カカオ、ネットマーブル、PEが参戦もテンセントは不参加

ネクソン本入札、カカオ、ネットマーブル、プライベート・エクイティ参加…テンセント不参加

買収資金”最大13兆”の展望

ネクソン買収戦でカカオとネットマーブル、プライベート・エクイティが対決する。テンセントは本入札に参加していないと伝えられた。

3日、業界によると、先月31日(現地時間)、米国で締め切られたネクソン売却本入札にカカオ、ネットマーブル、MBKパートナーズ、KKR、ベインキャピタルなどが参加した。テンセントとウォルトディズニーは、提案書を出していないことが分かった。

ネクソン本入札は当初、2月の予備入札後、4月中に行われる予定だったが、先月15日に延期された。その後も期限が延期されるなど、遅々として進まない状態だった。

ネクソン創業者であり筆頭株主であるキム・ジョンジュNXC代表は、特殊関係人と民間会社ワイズキッズが保有するNXC全株式である98.64%を売りに出した。 NXCはネクソンをはじめ、10社余りを系列会社に持っている。

ネクソン保有株式47.98%の価値は、6兆〜7兆ウォンと評価される。ネクソンが上場された日本の証券市場の公開買い付けの条件を考慮すると、最大13兆ウォンの買収資金が必要になる見通しだ。

Dailian
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=105&oid=119&aid=0002332444


とりあえず、ネクソンの株価でも見てみましょう。

2011年12月に上場してから株価が約3倍になっていますから、代表者さんは大儲けできましたね。事業開始から保有されているはずなので、当然何十倍にもなっているでしょう。

 

ところで、買収戦に参加した企業は良いとして、テンセントは、当初から参戦が予想されていたのですが、結果、入札には参加せずとなりました。ネットマーブル株式をテンセントは持っているので間接的に所有することもできますから、わざわざ参戦しなくても良いということでしょうか。

ウォルトディズニーが出てくるのはなぜ?と思われた方も多いかと思いますが、これは、単に売却主であるキム・ジョンジュ氏がディズニーに売りたいという願望を持っていたというだけで、ディズニー側は最初から興味なしの状況でした(笑

 

コメントを残す