サムスン・LG電子、アフリカで最も尊敬されるブランド「トップ10」

サムスン・LG電子、アフリカで最も尊敬されるブランド「トップ10」

ブランドリーダーシップを発表…サムスンは、IT企業ではグローバルリーダー

 

サムスン電子とLG電子が今年「アフリカで最も尊敬される10大ブランド」になった。

特に、サムスン電子は5年連続で「トップ3」に入り、IT・家電企業の中では、米国アップルとフェイスブック、中国のHuawei、日本のソニーなどをすべて抜いて圧倒的な首位の座を守ったことが分かった。

2日、業界によると、南アフリカに本部を置く多国籍市場調査会社である「ブランド・リーダーシップ」などが最近発表した「アフリカで最も尊敬される100大ブランド(Top 100 Most Admired Brand In Africa)」リストで、サムスン電子は3位にランクされた。

IT部門では、アフリカと南アジアのを中心に活動する中国の携帯電話メーカーであるTECNO(5位)と米アップル(7位)、フィンランドのノキア(15位)、中国のHuawei(18位)、日本のソニー(23位)などをすべて抜いて首位を占めた。

サムスン電子は、調査が始まった2011年以降、7回(2012年・2016年には未実施)すべてで総合5位以内になり、2014年以降はずっと3位以内を維持しており、アフリカで最も高い評価を受けるIT企業として認められている。

しかし、昨年より1ランク下がった。昨年は米国ナイキに次ぐ2位だったが、今年は、ドイツのアディダスに押された。

LG電子は昨年と同じ10位だった。100位内に韓国企業は、現代自動車(79位)を含めて3つしかありませんでしたが、サムスン電子とLG電子が最上位圏に入り「アフリカでは、ITは、断然コリアブランド」という評判を守ったという評価が出た。

特に、この2社は、TV・家電やスマートフォンなどの製品マーケティングはもちろん、現地でボランティア、教育支援、スポーツスポンサーなどの様々な社会貢献活動を行いながら、良い評判を得ていると業界関係者は伝えた。

アフリカのブランドの中では、南アフリカの移動通信会社である「MTN」が今年唯一10位以内に入った。

今回のランキングは、世界各国の1万5千社余りのブランドを対象に、アフリカの主要25カ国で実施したオンライン消費者アンケート調査の結果を基に作成した。

聯合ニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=001&aid=0010862668


という誇らしいニュースでした。こちらのリンク先の内容を記事にしたものになります。
参考 Top 100 Most Admired Brand In AfricaBRAND AFRICA

せっかくなので、リンク先のランキングをご紹介。

アフリカでもっとも尊敬されるブランドランキング

Rank Brand Country of Domicile
1 Nike USA
2 Adidas Germany
3 Samsung South Korea
4 Coca Cola USA
5 Tecno China
6 Puma Germany
7 Apple USA
8 MTN South Africa
9 Gucci Italy
10 LG South Korea
11 Toyota Japan
12 Anbessa Ethiopia
13 Airtel India
14 Vodafone/com/Safaricom/Mpesa UK
15 Nokia Finland
16 Pepsi Cola USA
17 Itel Mobile China
18 Huawei China
19 Nestlé Switzerland
20 Mercedes-Benz Germany

20位以内に、日本1社・中国3社・韓国2社が入っていました。日本は影が薄いみたいで…ちなみに、100位以内で掲載されていた企業数は、日本5社・中国7社・韓国3社となっております。

【ランクインした日本企業】

  • 11位 トヨタ
  • 27位 Sony
  • 36位 東芝
  • 55位 ホンダ
  • 70位 日産

日本企業には、アフリカでさらに目立つ存在になっていただきたいものです。

 


クリックお願いします!

コメントを残す