民主労総幹部6人に拘束令状…悪行その1

民主労総幹部6人拘束令状…「国会前集会暴力行為」

警察が昨年3〜4月に国会前集会で不法行為をした疑いで、民主労総幹部6人に対して拘束令状を申請した。

ソウル永登浦警察署は、当時、集会の参加者のうち容疑が重いと把握されたキム某民主労総組織争議室長など6人の事前拘束令状を申請したと28日明らかにした。

警察は3月27日と4月に2〜3日に開かれ、民主労総集会と関連して、暴力行使などの不法行為をした疑いで、民主労総組合員を捜査してきた。

当時の集会の参加者は、複数回国会内と庁舎への進入を試み、警察と衝突した。捜査対象者は、警察を暴行したり、公共施設を毀損の疑いを受けた。

当時の集会で容疑が捕捉され、捜査対象に上がった対象者は合計74名である。

警察は、現場で33人を現行犯逮捕し、さらに証拠資料を分析し41人を呼んで調査した。

キム・ミョンファン民主労総委員長も捜査対象者に含まれていたが、拘束令状申請対象からは外れた。

警察はキム委員長に出席を求めているが、まだ応じていないと伝えられた。

聯合ニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=001&aid=0010851307


「弾力勤労制単位期間拡大」に反対というデモ?を行なった民主労総の幹部に対する拘束令状を警察が申請したというニュースです。

弾力労働制は、一定期間内の労働時間を平均させると法定労働時間以内であれば、多忙な時は多めに働いてもらい、暇な時は少なめに働いてもらうという労働時間制度です。日本でも変更労働時間性などの名称で同じような制度があります。

デモの理由ですが、「弾力勤労制単位期間」が現行の3ヶ月から6ヶ月に拡大されることに民主労総が反対しているためのようですが、他の理由があるのかまでは民主労総のサイトを見るのが面倒なので…省略

今日は、このニュース以外にも民主労総関係のニュースがあり、実は、このニュースは1つ目

 

コメントを残す