サムスン重、英裁判所で1.8億ドルの賠償命令…「控訴する」

サムスン重、英裁判所で1.8億ドルの賠償命令…「控訴する」

サムスン重工業は、英国の裁判所から受けた1億8000万ドル規模の損害賠償判決と関連し、控訴を提起すると発表した。

サムスン重工業はドリルシップ(DS-5)建造契約と関連したエンスコ社(Ensco GlobalⅣ)との紛争で英国仲裁裁判所がサムスン重工業の責任を認め、1億8000万ドル規模の損害賠償を命じたと16日発表した。

これに対して、サムスン重工業は「英国仲裁裁判所の事実関係と法理的解釈に同意できない、司法手続きを通じた救済策として、英国高等裁判所に控訴提起をする方針だ」との立場を表明した。

サムスン重工業は、2007年に米国船会社プライド(現エンスコ)とドリルシップ1隻の船舶建造契約を締結し、2011年に引渡し、ブラジルペトロブラスは、2011年にプライドとそのドリルシップについて5年間の用船契約を締結している。

ペトロブラスは、2016年にサムスン重工業が建造契約締結過程で仲介に支給した仲介手数料の一部が不正使用されて、結果的に高価な用船契約を締結することになったとし、プライドがこれを認めたと主張してエンスコとの用船契約を解除した。プライドを2011年に買収したエンスコは、このような用船契約解除について、サムスン重工業の責任を主張し、仲裁を申請し、今回サムスン重工業の損害賠償責任を認める決定が下された。

これに対して、サムスン重工業は「仲裁裁判所は、中心人物の証言を排除して制限的な事実関係だけでエンスコの損害賠償請求を認めた」とし「エンスコがサムスン重工業の仲介手数料の支払い過程に深く関与した当事者であり、法理的にも関連する権利を関連会社にすべて移転し、損害賠償請求の資格がないと判断されるため、英国高等裁判所に控訴する予定だ」と明らかにした。

続いて「仲介手数料と関連し、現在米国司法省が調査中」とし「調査結果に基づいて事実関係が異なることがあり、今回の調停の決定に影響を与えるだろう」と付け加えた。

サムスン重工業の関係者は「仲介手数料は通常船舶建造契約の過程で仲介者に支給するものであり、エンスコとの合意に基づいて仲介手数料を支払いしただけで、その後、手数料がどのように使用されたのかは知ることができなかった」と語った。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=277&aid=0004468936


いまいち状況が理解できなかったのでまとめるとこんな感じ。

2007年:サムスン重工業とプライド 造船契約締結
2011年:船舶引渡
2011年までに:仲介会社に手数料支払い
2011年:プライドとペトロブラス用船契約締結
2011年:エンスコがプライド買収
2016年:ペドロブラスがエンスコに用船契約を解除
2019年:エンスコがサムスン重工業に賠償請求

という流れになっているのですが、ブライド=エンスコと考えると契約当事者が賠償請求していることになるのですが、これはありなのか?と少し疑問です。

 

 

コメントを残す