大宇造船、オセアニア船主からLNG運搬船1隻受注

大宇造船、オセアニア船主からLNG運搬船1隻受注

大宇造船海洋はオセアニア地域船主から17万4000㎥規模の液化天然ガス(LNG)運搬船1隻を受注したと14日、明らかにした。

今回受注した船舶は、慶南巨済市玉浦造船所で建造され、2021年後半に引き渡される予定である。船は、大宇造船が最近開発した新たな船形が採用され推進効率が約6%改善される見込みだと会社側は強調した。これと共にアドバンスト部分再液化システム(A-PRS・Advanced Partial Re-liquefaction System)の搭載でLNGの気化率を下げ、船会社の船舶運営費カットが期待されている。

大宇造船関係者は「大宇造船は、圧倒的な技術力をもとにLNG運搬船、VLCC、潜水艦などの高付加価値船種を中心に受注に成功している」とし「このような技術競争力を基に、今年の受注目標を達成するために最善を尽くしたい」と述べた。

大宇造船は、現在までにLNG運搬船5隻、超大型原油運搬船6隻、潜水艦3隻の計14隻の船舶を受注し、今年の受注目標83億7000万ドルの30%ほどを満たした。

毎日経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=009&aid=0004355649


本日3本目の造船業界記事は、個人的な備忘録的な記事です。

年間受注目標の30%達成なら、大宇造船海洋は、今年の目標達成は確実でしょう。

 

コメントを残す