大韓航空の韓進グループやはり内部対立が勃発

韓進KAL、チョ・ウォンテ会長選任は、実際にはない詐欺

韓進”取締役会代表取締役会長選任”発表

「実際は、会長選任なかった」
グループ一家の一部「グループとチョ·ウォンテ社長の”詐欺”」

「会社の定款違反で無効」
公取委の”グループトップ”指定根拠も揺らぐ

 

韓進(ハンジン)グループの持株会社である韓進KAL理事会が、趙源泰(チョ·ウォンテ)大韓航空社長を代表取締役会長に選任したというグループ側の発表は、事実と異なることが分かった。韓進がチョ·ウォンテ社長をグループのトップに変更するために必要な資料を公正取引委員会に提出したことに反発するオーナー家の一部は、グループとチョ社長の方が”詐欺”を繰り広げたと激昂している。

14日<ハンギョレ>の取材を総合すると、韓進グループは先月24日韓進KAL理事会でチョ・ウォンテ大韓航空社長を代表取締役会長に選任したと発表したが、実際には共同代表取締役に選任しただけで、会長に選任した事実はないことが確認された。韓進KALが24日公示した’代表理事(代表執行役員)変更(案内、公示)’にも’代表取締役’と表現されただけで、会長選任の事実は書かれていない。韓進KAL理事会をよく知るある財界関係者は「理事会で趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の死去で空席になった共同代表取締役に社内理事のチョ·ウォンテ大韓航空社長を選任したのは事実だが、会長選任はなかった」と述べた。韓進KAL理事会に精通する別の財界関係者も「理事会の決議はチョ・ウォンテ社長の代表取締役選任に限定された」と伝えた。

これは韓進グループが先月24日、報道資料で「韓進グループの持ち株会社である韓進KALが24日午後、取締役会を開き、チョ・ウォンテ大韓航空社長を韓進KAL代表取締役会長に選任し、チョ会長が韓進グループ会長に就任した」と明らかにしたものとは異なる。チョ·ウォンテ社長と兄妹の仲であるチョ·ヒョンア、ヒョンミン氏に近い財界関係者は「チョ・ウォンテ社長の方についたグループ役員たちが’詐欺’を繰り広げた」と主張した。

韓進グループはこれに対し「韓進KAL理事会でチョ·ウォンテ社長を代表理事に選任したのは正しく、会長は会社での職責を付与したもの」と明らかにした。韓進はまた、報道資料に事実と異なる内容が含まれた理由について「法的に重要なのは代表取締役選任で、(会長)職責は付随的な問題」と付け加えた。

韓進グループ側の釈明とは異なり、韓進KAL定款34条は、代表取締役会長と副会長などの選任は取締役会の決議を経るように規定している。このため”チョ·ウォンテ韓進KAL代表取締役会長”の発表は定款違反だという指摘が提起されている。イ・サンフン参加連帯実行委員(弁護士)は「会社の定款に違反したチョ・ウォンテ代表取締役会長の選任は無効であり、韓進KALが今月10日に社債発行に向けた投資説明書の公示ではチョ・ウォンテ社長を代表理事会長と明らかにしたのも、虚偽公示に該当する」と指摘した。公取委もチョ·ウォンテ社長を韓進グループのトップに職権指定する根拠の1つとして、韓進KAL代表理事会長の就任を挙げ、今後、法的に論争になる素地が生じた。

チョ·ウォンテ社長が理事会の決議なしに韓進KAL代表取締役会長の選任を発表したのは、持株会社韓進KALの象徴性を利用して、グループ会長就任と経営権掌握のために有利な立場に立つためのものだという解釈が出ている。実際、韓進グループは報道資料で「チョ・ウォンテ新任会長が韓進グループの代表として経営を導く重大な役割を担うことになった。新任のチョ·ウォンテ代表取締役会長の選任は,故趙亮鎬(チョ·ヤンホ)会長のリーダーシップの空白を最小化する一方、安定的なグループ経営を持続するための決定」と強調している。韓進グループのトップ変更はもとより、韓進KAL代表取締役会長の選任やグループ会長就任を巡る家族間の紛争はさらに激化する可能性が高まっているという見方が多い。

ハンギョレ新聞
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=028&aid=0002453706


数日前に解決したという記事をご紹介したのですが、やはり、対立があるようです。

韓進3兄妹

左からチョ・ヒョナ氏、チョ・ヒョンミン氏、チョ・ウォンテ氏

もともと先月、長男が後を継ぐと言う話が報じられたのですが、

5/9に対立説が報じられ、やっぱり韓進グループは対立すると思ったと思っていたところでしたが、
大韓航空の韓進グループ、3人の子供で経営権争い勃発?

昨日5/13、韓進グループTOPを長男が継ぐという必要書類を公正取引委員会に提出したので、幸いなことに対立はなかったと一安心していたところに、
大韓航空の韓進グループ、3人の子供で経営権争い勃発?

今日になって、ご紹介した記事です。

訳がわかりませんが、現在報じているのはハンギョレだけ。

続報がありましたら、ご紹介いたします。

 

 

やっぱり、行動主義ファンドに経営権を奪われるような気がしてなりません。。。

大統領によると、経済は成功に向かっているらしいが、大韓航空は失敗の始まりに突入かな。

 

 

 

コメントを残す