韓国、研究開発投資48.6%がサムスン電子

グローバル企業の研究開発投資韓9位…「サムスン依存深刻」

  • サムスン電子世界3位、国内500大企業のうち48.6%
  • 売上高に対する研究開発投資の割合3.7%で平均以下

 

世界的な研究開発(R&D)500大企業のうち、韓国は、企業数で9位、金額ベースでは8位となったことが分かった。

韓国企業の中では、サムスン電子(3位)が上位圏に名を連ねたが、相対的にサムスンを除けば、順位が3段階も下落するなど研究開発の分野でサムスン依存度が深刻な水準であることが分かった。

24日、韓国経済研究院(韓経研)はスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)を用いて、2018年のグローバルR&D 500大企業の動向を分析した結果、米国企業が196社で1位、日本企業は85社で2位を記録したことを明らかにした。

続いて、中国が33社、ドイツが24社、フランス22社でそれぞれ3、4、5位となった。韓国は13社で、英国(20社)、台湾(15社)、アイルランド(14社)に続いて9位となった。

ランク内の韓国企業は、サムスン電子(3位)、SKハイニックス(68位)、LGディスプレイ(159位)、現代自動車(172位)、LG化学(184位)、起亜自動車(204位)、現代モービス(231位)、サムスンSDI(276位)、ポスコ(285位)、サムスン電機(347位)、SKテレコム(402位)、SK持株会社(406位)、LG電子(413位)である。

韓国は、企業の売上高に対するR&D投資の割合を意味する「R&D集中度」が相対的に低いことが分かった。グローバルR&D 500大企業の売上高に対するR&D投資額の割合は、平均5.5%に達した、韓国は3.7%で平均に満たなかった。

世界的な研究開発500社に属する企業の研究開発費は5年間5621億ドルから7847億ドルで平均39.6%増加した。

米国企業は2387億ドルから3761億ドルに55.7%増え、日本の企業は848億ドルから1030億ドルで21.4%増加した。

特に中国は234億ドルから488億ドルで、研究開発投資額が2倍以上急増した。

一方、韓国は同期間235億ドルから262億ドルで11.5%の増加にとどまった。これもサムスン電子を除いた12個の企業は99億ドルから94億ドルで5.6%減少した。

韓経研は、サムスン電子を除いた場合、韓国の研究開発投資額は、アイルランド(8位)、オランダ(9位)、スウェーデン(10位)、台湾(11位)に続き、12位に順位が下落すると説明した。

韓経研は韓中米日の4つの国の中で韓国の1位企業のサムスンへの依存度が他の国に比べて、最大7倍高いと述べた。

米国(アマゾン)と日本(トヨタ)は、1位の企業の割合が、それぞれ7.0%、7.5%であり、中国(Huawei社)は、21.1%であった。一方、韓国はサムスン電子の投資割合が48.6%を占めた。

業種偏り現象も深刻、グローバルR&D 500大企業に所属国が投資する産業は、平均16業種であったが、韓国は10業種に過ぎなかった。これは、米国43業種、日本の33業種、中国の18業種などに及ばない。特に韓国は、10個の産業のほとんどが製造業であり、伝統的な産業から新産業まで、さまざまな業界での研究開発投資が行われている米国と対比された。

サムスン電子が含まれている技術、ハードウェアと半導体投資額が58.1%を占めており、バイオテクノロジーの分野では、全投資額(346.1億ドル)の1.3%、ヘルスケアは0.5%、医薬品は2.9%で低調だった。

キム・ユンギョン韓経研企業研究室長は「革新的な技術を保持による勝者独占が強くなっているが、韓国の研究開発は、伸び悩んでいる」とし「主力産業である製造業の革新と新産業の拡大のための研究開発投資環境づくりが必要だ」と指摘した。

news1
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=421&aid=0003955072


こちらのリンク先にある資料からの記事になります。
参考 R&D 500대 기업, 美 196개, 日 85개, 中 24개.. 韓 13개로 9위韓国経済研究院

記事の内容と上記ネタ元の資料の内容から情報を整理しました。

 

500位以内企業数・投資額

US JP CH KR
500位以内企業数 196 85 33 13
投資額(億ドル) 3,761 1,030 488 262
前年増加率 55.7% 21.40% 108.50% 11.50%
1社あたり投資額(億ドル) 19.2 12.1 14.8 20.2
1位企業除いた投資額(億ドル) 3,472.6 933 340.4 93.3
1位除く1社あたり投資額(億ドル) 17.8 11.1 10.6 7.8

記事にはなかったのですが、投資額を掲載された企業数で割り、1社平均投資額を出してみました。こちらを見ると韓国の1社あたりの投資額が1番多いことになります。ビリが日本。

ところが、1位企業の投資額を除き、改めて1社平均投資額を出してみたところ、反対に韓国が投資額が一番少ないという結果になりました。

 

1位企業投資等

US JP CH KR
1位企業 Amazon Toyota Huawei Samsung
1位企業投資額(億ドル) 288.4 97 147.6 168.7
順位 1位 14位 5位 3位
国投資額(億ドル) 4140.9 1297.5 699.1 346.8
1位シェア 7.0% 7.5% 21.1% 48.6%

※国投資額というのは、資料の内容からして、ランキングに関係なく、取得した国別データの研究開発費を合計した数字と思われます。

記事の通り、韓国のサムスン電子依存っぷりがスゴイことになっています。今年もサムスン電子は巨額投資をしていますが、SK・LGもかなり投資をしている記事を見かけますので、もしかしたらマシになるかもしれません。

 

ランクイン韓国企業

記事内で紹介されていた企業の順位と今日(2019.4.24)現在の時価総額順位をご紹介します。企業名にリンクをつけていますが、これは各企業の基本情報へのリンクになります。(別ウィンドウが開きます) 業績情報が古い会社があるかもしれません。あらかじめご了承ください。

企業名 投資順位 時価総額順位
サムスン電子 3 1
SKハイニックス 68 2
LGディスプレイ 159 39
現代自動車 172 3
LG化学 184 5
起亜自動車 204 18
現代モービス 231 8
サムスンSDI 276 21
ポスコ 285 7
サムスン電機 347 36
SKテレコム 402 13
SK持株会社 406 15
LG電子 413 26

参考までに、2019年3月末現在の時価総額ランキングと2019年第1四半期時価総額増減ランキングのリンクも

【2019年3月末現在】韓国企業時価総額ランキング 2019年第1四半期 韓国企業時価総額増減ランキング

 

 


クリックお願いします!

コメントを残す