LG電子、韓国国内でのスマホ生産中止

「万年赤字」LG電子スマホ、国内生産中止

LGディスプレイも3四半期ぶりにまた赤字転落

 

スマートフォン事業で「万年赤字」に苦しめられていたLG電子が、年内で国内でのスマートフォン生産を中止することにした。LG電子は、生産拠点を人件費などが安いベトナムへ移すことを決定した。LGディスプレイも第1四半期に1300億ウォンを超える営業損失を出して再び赤字に転落した。

24日、業界によると、LG電子は、今年6月から京畿道平沢工場のスマートフォンの生産量を減らし、今年中に稼動を中断することに決めた。平沢で生産していたスマートフォンの生産は、ベトナム北部ハイフォン工場で行うことになった。LG電子のスマートフォン事業は、昨年第4四半期まで15四半期連続で赤字を記録していた。

業界関係者は「LG電子のスマートフォン累積赤字が3兆ウォンと深刻な状況で、収益性の改善のために政府の支援や税制優遇を受けることができるベトナムに生産拠点を移すことにした」とし「ハイフォンにLG系列会社の工場が集まっており、相乗効果を発揮することができるだろう」と伝えた。

LG電子は、京畿道平沢、ベトナム、ブラジル、中国など4カ所で、スマートフォンを生産している。平沢工場は、主にプレミアムフォンを生産する。LG電子全体のスマートフォンの約10〜20%を生産してきた。

市場調査会社ストラテジー・アナリティクス(SA)によると、世界のスマートフォン市場では、韓国国内生産のスマートフォンの割合が、2008年に11.4%から2018年には1.3%に急減している。

国内のスマートフォンの生産台数が大幅に減る中で、中国、インド、ベトナムなどの新興国での生産が大幅に増えた。昨年、中国が全体の70%、インドが13%台、ベトナム10%台のスマートフォンを生産した。

LG電子は、平沢工場労働者を国内の他の事業所に配置転換したり、一部には希望退職を受ける案を検討している。LG電子は、モバイル機器を担当するMC事業本部の今年上半期の新入公開採用をしないことにしたのに続いて人材を他の事業部に配置転換して規模を減らしてきた。

これと共に、LGディスプレイも3四半期ぶりに再び赤字に転落した。オフシーズンとLCDパネルの価格下落などの影響が決定打になった。

LGディスプレイはこの日、今年第1四半期(1〜3月)に1320億ウォンの営業損失を出したと公示した。

前年同期の営業損失(983億ウォン)よりも多くなった。2793億ウォンの営業利益を上げた前四半期に比べて急激に業績が悪化した。売上高は5兆8788億ウォンで、前年同期より4%増えたが、前四半期より15%も減少した。当期純損失も626億ウォンを記録した。

LGディスプレイは昨年第1四半期に6年ぶりに営業損失を出し、非常経営体制を稼動させた後、第3・第4四半期と連続して黒字を記録したが、今年に入って再び業績不振に陥り、危機感が高まっている。

会社側は「業績不振はオフシーズンで出荷が減った上、一部IT部品の供給不足が重なり、小型・中型を中心にパネルの販売価格が全体的に落ちたことによる」と説明した。

今年第1四半期製品別の売上高の割合は、TV用パネルが全体の36%で最も多かった。続いて、モバイル用パネル25%、ノートパソコン、タブレット用パネル22%、モニター用パネル17%の順だった。

ただし、LGディスプレイは昨年下半期から損益分岐点を超えたOLED事業は依然として好調を続けており、OLEDへの事業構造転換を継続する方針だ。

LGディスプレイ最高財務責任者(CFO)ソ・ドンフイ専務は「従来のLCDでの実装が困難なOLEDならではの差別化された特長をもとに、自動車用などOLEDの様々なアプリケーションに適用機会を高めながら、利益貢献度も徐々に高めていく」と展望した。

続けて、彼は「今年はOLEDに事業構造を転換する過程だから当面の課題や困難があり、忍耐と努力が必要」と「将来の成長のためにOLEDを中心とした事業ポートフォリオを構築した、内部効率の最大化のための努力を継続して、来年からは意味のある財務的成果を見ることができるだろう」とした。

ソウル新聞
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=081&aid=0002993846&date=20190424&type=1&rankingSeq=5&rankingSectionId=101


LGディスプレイの業績速報はこちらにございますが、この記事とほぼ同じ内容です。
【業績速報】LGディスプレイ、LGイノテックともに第1四半期は赤字

 

10年以上前は、LG電子の携帯電話の方がサムスン電子の携帯電話よりも人気だったのですが、スマートフォンになってから乗り遅れた感があり、出すスマホがことごとく売れませんでした。
韓国、携帯電話輸出額16年前の前の水準まで下落 こちらのリンクにスマホ輸出額推移のグラフがありますが、2008年はLG電子が携帯電話の輸出を支えていた感があったのです。

 

出すスマホが、ことごとく売れないので、記事の通りず〜〜と赤字を出し続けていて、いつスマホ部門を無くすのかとウワサされていたのですが、コストの掛からないベトナムで作ってとりあえず利益を出せるようにするという選択をして、スマホ部門を残すことにしたということでしょう。

 


こちらが直近に発売される予定のスマホ(3月末発売予定が延期されました)です、サムスン電子のGalaxy Foldのような折りたたみ機能ではないのですが、折りたたみができる2画面分割スマホです。

 

サムスン電子も韓国では生産せずに、ベトナムでスマホを生産していると思いますので、”Made in Korea”のスマホはなくなるかもしれません。

生活家電の販売なら韓国国内でサムスン電子よりLG電子の方が売上が多いのですが…スマホでは全く勝てません。

 

 

コメント欄にはなぜか最低賃金をアップさせた文在寅のせいだ!というコメントも…LGのスマホが売れないのと彼は関係ないはずですが…日本で何でも◯べのせいだという方が多いですが、彼らと同じような感じでしょうか。


クリックお願いします!

 

きっと韓国経済ヲワタwwwとか某サイトで流すのでしょうね…

 

コメントを残す