【業績速報】LGディスプレイ、LGイノテックともに第1四半期は赤字

上場各社が業績発表をしており、LGグループ2社(LGディスプレイ・LGイノテック)の業績に関する記事をご紹介します。記事の最後に、両社の過去の業績をご覧いただけるリンクをつけましたので、ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

 

LGディスプレイ、第1四半期の営業損失1320億ウォン。赤字幅拡大

  • 出荷の減少、LCD販価下落の影響
  • 会社側「事業構造転換期で財務的成果は来年から」

 

LGディスプレイは韓国採用国際会計基準(K-IFRS)今年の第1四半期の実績は、売上5兆8788億ウォン営業損失1320億ウォンを記録したと24日明らかにした。

売上高はオフシーズンで出荷が減少し、一部IT部品供給不足による影響で前四半期(6兆9478億ウォン)に比べ15%減少したが、前年同期(5兆6752億ウォン)より4%増加した。

営業損失は、前年同期(983億ウォン)より赤字幅が拡大した。第1四半期中、大型パネル販売価格の流れは安定傾向だったが、面積あたりの販売価格が相対的に高い中小型パネルの出荷減少で、面積当たり販売価格が前四半期比で下落し、営業損失を記録した。

第1四半期製品別の売上高の割合は、TV用パネルが36%、携帯電話用パネルが25%、ノートパソコン、タブレット用パネルが22%、モニター用パネルが17%となった。第1四半期には、モニター、ノートパソコン、タブレット用パネル事業で構成されたIT部門の売上高の割合が39%に拡大し、TV事業部の売上高の割合を超えた。

LGディスプレイの第1四半期の主な財務指標は、負債比率131%、流動比率98%、純借入金の割合54%であり、LCDから有機発光ダイオード(OLED)への事業構造の転換のための中長期投資の執行に基づいて負債比率と純借入金の割合が小幅上昇した。

LGディスプレイは第1四半期の営業損失を記録したが、OLEDへの事業構造転換に一層集中する方針だ。会社側はTV、携帯電話、オート領域でOLEDを同時に展開する唯一のメーカーとして、各部門別の特徴とそれに伴うシナジーを創出していると説明した。昨年下半期から損益分岐点を超えた大型OLED事業は、昨年TV事業内のOLED売上高の割合が20%を上回っており、今年は30%を超えると、会社側は予想している。

LGディスプレイ最高財務責任者(CFO)ソ・ドンフイ専務は「従来のLCDでの実装が困難なOLEDならではの差別化された特長をもとに、自動車用などOLEDの様々なアプリケーションに適用機会を高めながら、利益貢献度も徐々に高めていく」と展望した。

続けて、彼は「今年はOLEDに事業構造を転換する過程だから当面の課題や困難があり、忍耐と努力が必要」と「将来の成長のためにOLEDを中心とした事業ポートフォリオを構築した、内部効率の最大化のための努力を継続して、来年からは意味のある財務的成果を見ることができるだろう」とした。

ファイナンシャルニュース
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=014&aid=0004216642


 

`アップルショック`直撃..LGイノテック、11四半期ぶり赤字転落

  • 第1四半期の売上1兆3686億ウォン、営業損失114億ウォン
  • 売上、前年同期比20.5%、前四半期比43.7%減少
  • iPhoneの販売不振にカメラモジュールなど業績悪化
  • 新成長エンジンである電装部品事業は成長の勢いを維持

 

アップルのiPhoneの新製品販売不振の影響で、カメラモジュールなどの部品を供給するLGイノテックが、今年の第1四半期「アーニングショック」を記録した。カメラモジュール世界1位のLGイノテックは、関連部品の販売が急減し売上高が前年同期比20%以上減少し、営業利益も11四半期ぶりに赤字転換された。しかし、新成長動力として育成している電装部品事業は、売上高が前年同期比25%増加し成長を続けた。

LGイノテックは、韓国採用国際会計基準(K-IFRS)第1四半期の実績は、売上高1兆3686億ウォン営業損失114億ウォンを記録したと23日発表した。売上高は前年同期比20.5%減少し、前期比では43.7%減少した。また、営業利益は2016年第2四半期以降、11四半期ぶりに赤字転換した。金融情報会社FnGuideによると、LGイノテックの今年第1四半期の実績コンセサスは、売上高1兆6557億ウォン、営業損失183億ウォンで赤字規模は予想を下回ったが売り上げが予測値よりも3000億ウォン近く下回った。

同社の関係者は「スマートフォンの部品需要が減少する第1四半期に入り、カメラモジュールと携帯用基板などの販売が減少した」とし「新モデル対応のための固定費の増加などの影響で業績が減少した」と述べた。

各事業別にみると、光学ソリューション事業は、カメラモジュールの販売減少オフシーズンに入り、売上高が前年同期比34%減の6661億ウォンを記録した。前期より60%減少した売上高である。昨年、複数のカメラと新技術のモジュールの販売拡大で過去最大の売上を記録したが、iPhone販売不振の直撃弾を受けて、今年第1四半期は需要が減少したという分析だ。また、基板材料事業は、売上高が前年同期比2%減の2569億ウォンを記録し、前四半期比で17%減少した。テープサブストレートとフォトマスクなどのディスプレイ部品のパッケージサブストレートなどの半導体部品は、信頼性の高い実績を収めたが、携帯電話用基板の需要が減少した。

一方、電装部品事業は、売上高が2729億ウォンで、前年同期比25%、前期比3%増加した。自律走行機能の中核であるADAS(先進運転支援システム)用のカメラモジュールと電気自動車用パワー部品の販売が好調を見せ成長を継続した結果として解釈される。また、LED(発光ダイオード)事業は、前年同期比16%減の1044億ウォンの売上を記録した。前期比では11%増加した。一般照明用光源など低収益製品の規模を減らしUV(紫外線)、車載用などの高付加価値製品を中心に事業構造を効率化する過程で、昨年に比べ売上高が減少した。

専門家は、LGイノテックの今年の実績が「上低下高(上半期低調下半期上昇)」の流れを見せ、下半期には回復すると予想した。

キム・ドンウォンKB証券研究員は「今年第1四半期を底に緩やかな回復が見込まれ、下半期には大幅な成長が予想される」とし「今年の下半期に発売予定のiPhoneの新製品にトリプルカメラ搭載が予想され、光学ソリューション事業の業績改善期待は有効だ」と述べた。

edaily
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=018&aid=0004360892


LGディスプレイ基本情報
LGディスプレイ【企業基本情報】

LGイノテック基本情報
LGイノテック【企業基本情報】

 

コメントを残す