ルノーサムスンのスト長期化で自動車部品サプライチェーン崩壊の恐れ

自動車協同組合「ルノーサムスンストライキ長期化で部品のサプライチェーン崩壊懸念」

韓国自動車産業協同組合がルノーサムスン自動車のストライキ長期化について、早急に解決するよう促した。ストライキの長期化で協力会社の流動性危機が訪れ、自動車部品産業全般のサプライチェーンが崩れるかもしれないという懸念が広がっているからだ。

18日、韓国自動車産業協同組合は、ルノーサムスンストライキ長期化問題の早期解決のための談話を発表し「国内の自動車産業事情が思わしくない状況で、釜山・慶南地域を代表しているルノーサムスンのストライキ長期化に協力会社はもちろん、国内の自動車部品の生態系に悪影響を与えることはないかと部品業界は気をもんでいる」と語った。

ルノーサムスン労使賃金団体協議交渉が平行線をたどる中、ルノーサムスン釜山工場のストライキ回数とスト時間も史上最大・最長記録を更新している。協同組合は「昨年末からストライキが頻繁になり、協力部品メーカーがすでに数千億ウォンに達する納品損失を被った」とし「大多数の協力部品メーカーは、取引金融機関からの新規資金調達に苦しんでいる」と現場の雰囲気を伝えた。

ルノーサムスン1次協力会社の大半が、現代・起亜自動車と双竜自動車など他の自動車メーカーとも取引をしているので、今回の事態が早急に解決されない場合は、国内の自動車部品産業の業界全体にもマイナスの影響を与える可能性があるという見通しである。

協同組合は「ルノーサムスンのストライキ長期化問題で協力部品社の流動性危機や部品サプライチェーンの崩壊が懸念される」とし「ルノーサムスンの幹部と労働組合は、労使共倒れの対立を終え、早期交渉妥結で問題を解決してほしい」と重ねて訴えた。

アジア経済
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=101&oid=277&aid=0004452027


これまでも外野から早期解決を訴える内容の報道がありました。

釜山市長はなぜか労働組合に肩入れをし、コメント欄は非難殺到。
ルノーサムスンの労使紛争、釜山市長が会社側に譲歩要求 ちなみに、釜山市長は文在寅大統領と同じ政党に所属。

野党の前代表は労働組合に早く妥協しろと当然の反応。
野党前代表「貴族労組のせいでルノーサムスン滅びる」と中傷

雇用労働部長官も労使双方と会談しましたが全くもって進展ナシw
ルノーサムスン釜山工場、今月29日から5日間閉鎖 一番効果が期待できそうな方々なのですが、新聞記事も軽く数行程度しか言及されていませんでした。もしかしたら、マスコミは与党の政治家に期待していないのかもしれません。

当然パートナー会社も早期解決を訴えています。
ルノーサムスンの労使紛争、釜山市長が会社側に譲歩要求

労働組合自体が被害を受けて痛い目にあるのは勝手にすれば良いだけなのですが、取引先に大きな打撃を与えていることをいい加減理解した方が良いと思うのですが、労働組合は会社側のせいにするでしょうね。。。国民の90%以上が会社の味方なのですが。

アンケートにご協力をお願いいたします。

ルノーサムスンのこれまでの流れがわからないという方は過去の記事をご覧ください!
ルノーサムスンに関する過去の記事はこちら!

 

コメントを残す