アシアナ航空、売却へ向けて調整

アシアナ航空、結局、売却

  • 錦湖グループ、債権団の要求を受け入れる模様
  • 追加資金支援を受ける条件として
  • 錦湖産業、今週理事会の議決

 

錦湖(クムホ)アシアナグループは、結局、アシアナ航空を売却することにした。

14日、債権団の高位関係者によると、錦湖アシアナグループは、債権団の資金支援を受ける条件として、錦湖産業が保有するアシアナ航空の株の売却を確約することで合意した。こうなると、グループ中核資産であるアシアナ航空を売って錦湖高速と錦湖産業などを生かして、錦湖アシアナグループから、アシアナ航空は離れていくことになる。

錦湖産業は、このような内容を盛り込んだ’経営正常化に向けた自助計画修正案’を用意し、今週初め、理事会で議決する見通しだ。錦湖産業アシアナ航空の持分33.47%を持つ最大株主で、錦湖産業朴三求(パク・サング)前錦湖アシアナグループ会長が最大株主である錦湖高速が45.30%持分を保有している。

錦湖アシアナグループは今月9日、朴三求元会長一家の錦湖高速の持分を担保に入れる代わりに、債権団に5000億ウォンを支援してほしいという内容を盛り込んだ自助計画案(自力救済案)を産業銀行に提出した。しかし、債権団は翌日会議を開き、錦湖アシアナグループの自助計画案の受け入れを拒否した。私財の拠出、または有償増資など実質的な案がなく、市場の信頼を回復するには不十分だというのが理由だった。

これにより、錦湖アシアナグループは先週、債権団と再協議を開始した。アシアナ航空が債権団の追加支援なしで25日600億ウォン規模の会社債の満期を迎える場合、流動性危機に追い込まれかねないためだ。

しかし錦湖アシアナグループがアシアナ航空の持分売却を約束することにしたことによって債権団から追加資金支援を受けられるようになった。流動性危機を乗り切ることはもちろん、錦湖高速、錦湖産業の活路を確保できるようになったという評価だ。

債権団の追加資金支援は当初、錦湖アシアナグループ側が要請していた5000億ウォンを永久債の形で支援する案を検討しているという。とりわけ、アシアナ航空の売却方針を不可逆的にするため、永久債支援の際、産業銀行など債権団の出資転換のオプションを追加する案が話し合われている。債権団関係者は「資金支援規模は当初4000億〜5000億ウォン程度が検討されたが、状況によって流動的」とし「今後、売却作業を債権団が主導できるように出資転換などの措置が必要という共感がある」と説明した。

また、従来自力救済案でも、アシアナ航空の子会社など保有資産を売却するとしていたが、アシアナ航空の持分を売却することになれば、アシアナ航空が保有する子会社も全て売却することができる。アシアナ航空はエア釜山(保有持分率44.2%)アシアナIDT(76.2%)アシアナエアーポート(100%)アシアナセイバー(80%)アシアナ開発(100%)エア・ソウル(100%)などを系列会社に保有している。

錦湖アシアナグループは、債権団と早ければ今週の修正案に対するMOUを締結する予定だ。資金支援が行われた後には、アシアナ航空に対する売却手続きを開始する。アシアナ航空の持分売却が行われば、その後、新しい主人(買収主)が8000億~1兆ウォン台の有償増資を通じて財務構造改善に乗り出す案を議論している。

債権団の関係者は「先週末、錦湖アシアナグループがアシアナ航空の持分売却を含めた修正自己救済案を今週初めに提出することで合意を終えた」、「MOUが締結され次第、具体的な資金支援に突入する予定」と明らかにした。

毎日経済
https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=009&aid=0004338534&date=20190414&type=1&rankingSeq=1&rankingSectionId=101


1紙が、単独で報道しており、この新聞社が連投でアシアナ航空に関するたくさんの記事を報じています。

 

アンケートをはじめました。ご協力よろしくお願いいたします。

 

アシアナ航空のこれまでの流れがわからないという方は過去の記事をご覧ください!

アシアナ航空に関する過去の記事はこちら!

古い順に読まれると流れがご理解いただけると思います!

 

クリックお願いします!

コメントを残す