開城工団企業、トランプ大統領に請願

開城工団企業、トランプ大統領に請願書「制裁例外してほしい」

 

開城(ケソン)工団企業非常対策委員会は8日午前、ソウル鍾路区の駐韓米国大使館の前で記者会見を開き、ドナルド·トランプ米大統領に請願書を送ったことを明らかにした。請願書は、開城工団に対して制裁例外を適用してほしいという内容を盛り込んだ。

開城工団企業非対委は、請願書で「2016年2月、違法な団地閉鎖で切羽詰った状況に置かれている。企業を立て直そうと努力しているが、公団の閉鎖が長期化し、経営難が加重している」とし「一部の企業は手形を決済できず、再生手続きに入り、ある企業家は火病で亡くなった。一言でいうなら、私たちの人生は崖っぷちに立たされている」と述べた。

開城工団企業非対委は「南北の激しい対立の中でも12年間、開城工団の稼動は北朝鮮の改革開放と市場経済活性化の触媒の役割を果たし、南北対決の緩衝地帯となって韓半島の平和定着に貢献した」、「開城工業団地は一日も早く再開されなければならないが、国連制裁と米国の制裁で開城工団は再開されていない」とした。

開城工団企業非常対策委は「現在、こう着局面を打開するには画期的な南北関係の進展が必要だ。一括した制裁緩和でなく、南と北の内部取引に対する制裁例外が必要だ」、「昨年、南北首脳の9•19平壌共同宣言で明示された開城工業団地事業、金剛山観光事業、鉄道道路連結事業や対北朝鮮人道支援事業に対する制裁例外が南北関係の進展に向けた誘い水と信じる」とした。

開城工団企業非対委は「開城工団は200余りの企業と5万5000人余りの人、北朝鮮労働者の生活基盤で、開城工業団地の閉鎖で20万人以上の人と北朝鮮住民の生活が危機にさらされている」、「このような事実は、企業を運営した(トランプ)大統領が誰よりもよく理解すると信じる」とした。

朝鮮Biz
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=366&aid=0000431174


韓国政府に開城工業団地への訪問をお願いしたが、許可がおりずにいる企業団の皆さん。
韓国国旗開城工業団地入居企業「北朝鮮に訪問したい!!!」

文在寅大統領をはじめとして韓国国民の多くが、米朝首脳会談で進展があると思い込んでいた節があるので、この現状はそれはぞれは厳しい現状でしょう。

 

2016年2月、違法な団地閉鎖で切羽詰った状況に置かれている。

北朝鮮がミサイルを発射したのが悪いのであり、違法と言われる筋合いはないのですが、彼らの請願書には違法と…

韓国人の反応は開城工業団地企業団に対しては冷淡でして、”共産主義”・”リスクがあるのを知って始めたのだろ?”と、当たり前と思いますが、言いたい放題言われています。

 

こういう動きをみると、辺野古移設をやめさせます!と言っておきながら、やっぱり無理でしたと一部の人を期待させておいて、地獄に落とした鳩山由紀夫元首相に似た動きが多いような気がw


クリックお願いします!

コメントを残す