韓国、今年の輸出・入増加率0%台

今年の輸出・入増加率0%台の展望

  • 現代研「2019韓国経済修正展望」
  • 保護貿易主義、中国の成長鈍化の影響

今年悪化する国内・外の経済環境の中で韓国の輸出・入増加率が0%台にとどまるとの見通しが出た。

現代経済研究院は31日に発刊した「2019韓国経済の変更の見通し」というタイトルの報告書で、「主要先進国の景気が低迷することが予想され、中国と隣接するASEAN諸国景気が一緒に鈍化するなど対外環境の悪化リスクが浮き彫りにされている」とした。

このような中で、研究院は今年の韓国の輸出増加率と輸入増加率がそれぞれ0.7%と0.2%にとどまると予想した。昨年の輸出・入増加率がそれぞれ5.4%と11.9%を記録したことに比べてかなり悲観的な見通しである。

研究院は輸出額増加率の減少に応じて経常収支黒字規模も2018年より縮小すると予想した。研究院が予想した今年の経常収支は上半期269億ドル、下半期421億ドルで、年間690億ドルである。昨年764億ドルに比べて70億ドルほど縮小した展望値だ。

研究院は、世界経済の成長鈍化と米中貿易紛争、ブレクジット、保護貿易主義などによる交易増加率の鈍化、最大の輸出市場である中国の成長鈍化と世界半導体市場の萎縮が国内輸出に影響を与えるものと見た。加えて、国内消費、投資など内需不振が続いて輸入増加率も下落すると予測した。

一方、研究院は、輸出不振と国内部門の投資萎縮で2019年韓国の経済成長率が昨年より低い2.5%水準になるだろうと、昨年末に発表した見通しを維持した。ただし研究院は、政府の支出拡大が景気下降圧力を吸収していると「政府の景気安定化機能は、正常に動作している」と判断した。

news1
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LS2D&mid=shm&sid1=101&sid2=261&oid=421&aid=0003910743


今年の輸出増加率0.7%・輸入増加率0.2%・経常収支690億ドル….

 

結局、明日になったら最新版が発表されるのですが。

現状では、輸出増加率▲7.8%・輸入増加率▲6.0%と…貿易収支なので経常収支ではないですが、昨年よりもかなりよくない。

第2四半期以降の輸出増加を期待したいところです(棒)

 

コメントを残す